リップル対SWIFT、どちらがレースに勝つでしょうか?

仮想通貨
スポンサーリンク

仮想通貨リップル(XRP)と大手国際送金システム企業の「SWIFT」社ですが、同じ目的のために競合をしています。
その目的は、国際送金です。

両者ともに小売や機関レベルで使用することができる、迅速で簡単、安価かつ安全な国際支払いのためのプラットフォームの構築を目指しています。

リップルはトークンの作成や「Ripple」社が提供する自作のブロックチェーンテクノロジを介してこれを実行することができます。
SWIFTもブロックチェーンを検討しており、自社開発の新たな決済システムを米ブロックチェーン企業である「R3」社のプラットフォームと統合することを決定しています。

R3社はCorda(コーダ)という世界大手の金融機関70社で共同開発したブロックチェーン技術を持っています。

R3社のサポートは非常に強力で、「SWIFT」社の成長のために大きな手助けとなると考えられますが、「Ripple」社が持つブランドも軽視はできません。

Ripple社では2018年12月、R3社の新たに作られた企業向けグローバル決済アプリである『Corda Settler』を開始する際、最初の決済通貨としてリップルを選択しました。

R3社を介しても非常に近い位置にある両者ですが、どちらが国際送金企業として勝利するでしょうか。
現在、これに対しての正解はありません。

さらに、以前からリップル社とSWIFT社の提携について噂されていますが、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏はブルームバーグが行ったインタビューで「リップルがSWIFTを追い越す」と公言をしており、提携の噂を否定しています。

実際にはリップルとSIWFT社の両方が等しく成功をし、国際送金の迅速化や効率化を実現することが望ましい未来でしょう。

コメント