ヴァレンタインにぴったりなビターなチョコレートビールを紹介!

サンクトガーレン,チョコレートスタウト ビール
スポンサーリンク

ブログタイトルをこっそり変更しました・・・。
最初は仮想通貨メインでいこうと思ってたのですが、酒関連の記事を書くのが楽しすぎたため、酒関連が増えてきました。
そのため、お酒の記事に加えて、仮想通貨・FXの記事をメインに、プラス気になったことや役立つ情報があれば紹介するスタイルに変更しました。

そして、ブログタイトルはアルファベットだと入力しづらいため、和名にしました。
お酒とチャート(仮想通貨・FX)関連のブログということで酒チャ漬け(鮭茶漬け?)に変更しました。
ブログ名を変えるとSEOに響く、という記事を多く見かけましたが今のところそこまでの集客はないので、変えるなら今だということで変更しました。

これからもよろしくお願いします。
で、今日の本題は、チョコレートビールの紹介です。

スポンサーリンク

サンクトガーレンが販売するチョコレートスタウト

神奈川のサンクトガーレンから毎年発売されるチョコレートスタウトビールは今年でなんと15年目となります。
ビールファンにとってはヴァレンタインが近づくと販売される、一種の風物詩のようなものになっています。

今年販売されるチョコレートスタウトビールは4種類。
・インペリアルチョコレートスタウト
・スイートバニラスタウト
・オレンジチョコレートスタウト
・ダブルミントチョコレートスタウト

今年新発売のチョコレートスタウトが「ダブルミントチョコレートスタウト」です。
まだ既存のチョコレートスタウトも飲んだことがない人もいると思いますので、今回は全部!がんばって紹介しますね。

インペリアルチョコレートスタウト

サンクトガーレン,チョコレートスタウト
インペリアルという、皇帝の名前を持つチョコレートスタウトが、この「インペリアルチョコレートスタウト」です。
今年で15年発売のビールで、累計販売本数は50万本以上。

通常の黒ビールの3杯の材料を使用している特濃黒ビールです。
インペリアルスタウトとは昔ロシアの皇帝であるエカテリーナ2世に献上したことからその名のついた「インペリアルスタウト」のスタイルを踏襲しています。

度数が9%と高く、ワインのように熟成が可能なビールです。
寒冷地でも凍らないようにアルコール度数が高めてあることも、インペリアルスタウトのスタイルでもあります。
そのまますぐに飲む分と、ワインのように熟成させるために寝かせる分と2本以上購入すると、より楽しむことができます。

このチョコレートスタウトを寝かせると、複雑でいてまろやかなビールに仕上がります。
ビールの度数が低いと寝かせることはできないので注意しましょう。

ビールを寝かせるとどのようなものになるのかは、次の記事で解説しています。
興味があればぜひ読んでみてくださいね。

ビールを寝かせておいしくする?どんなビールがおすすめなの?
ビールを寝かせるとおいしくなる、というのを聞いたことがありますか?ワインではないのでそんなことはないのでは、と思うかもしれません。しかし、事実味の変化がかなり出ます。そして、おいしいビールになるため、今回はビールを寝かすことを紹介します。

スイートバニラスタウト

サンクトガーレン,チョコレートスタウト
スイートバニラスタウトは通常ビールで使用するアロマホップの代わりに、バニラビーンズを使用して香りづけをしている黒ビールです。
ベースとなる黒ビールも通常よりも甘めに仕上げ、後味にチョコレートのような風味が残るように造っています。

使用しているバニラはマダガスカル産のものを使用し、日本最大のビアフェスである「ジャパンビアフェスティバル」で来場者人気アンケートで1位を獲得したことのあるビールです。

また、チョコレート発祥の地である中南米では、チョコレートとバニラは一緒に食していたそうです。
そのことからもわかるように、チョコレートとバニラは相性抜群。
チョコレートスタウトビールをバニラアイスにかけて食べる、ということも都内のバーで一時期流行ったそうです。

わざわざビールとアイスを用意しなくても、これ一本で間に合わせることができるビールですね。
しかし、さらにバニラを味わうために、このビールをバニラアイスをかけてもおいしいと思います。
ビールフロートという楽しみ方もありますね。

スイートバニラスタウトは度数が6.5%。
インペリアルチョコレートスタウトよりは度数が低めですが、通常のビールよりも少し高めです。
このバニラの甘い香りを持つビール、機会があれば飲んでみてください。

オレンジチョコレートスタウト

サンクトガーレン,チョコレートスタウト
3つ目に紹介するのが「オレンジチョコレートスタウト」です。
これも、サンクトガーレンのこだわりが詰まったビールになります。

マーマレードに使用される橙(だいだい)というオレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムを作るように長時間煮込みます。
そうすることにより、風味をぎゅっと凝縮することができます。

この煮込んでできたものをビールの元となる麦汁に合わせて、発酵させます。
そうしてできたものがオレンジチョコレートスタウトです。

サンクトガーレンは地元の果物を多く使います。
このオレンジチョコレートスタウトも神奈川県足柄産の橙を使用しています。

橙は海外ではビターオレンジと呼ばれ、そのままでは生で食べることができないほどの苦さを持ったオレンジです。
しかし、これに火を入れることにより香りと風味が強く出ることからマーマレードの原料として使われています。
この橙を半日ほど煮詰めたものを使用して、ビールに使用します。

このオレンジチョコレートスタウトは橙の皮も実も丸ごと使用し、ほろ苦いオレンジ味がするチョコレートスタウトとなっています。
こちらも度数は6.5%。
オレンジも好きだけど、ビールも好き!という方にはぴったりなビール。
フルーツビール好きな方もぜひどうぞ。

ダブルミントチョコレートスタウト

サンクトガーレン,チョコレートスタウト
今年新発売のチョコレートスタウトが「ダブルミントチョコレートスタウト」です。
今までもミント味のチョコレートスタウトはサンクトガーレンから販売されたことがありますが、その時はシングルミントでした。
今回は2種類のミントを使用することにより、シングルミントを上回る爽快感を持つチョコレートスタウトとなりました。

毎年1本はその年限定のものが販売され、今年はダブルミントチョコレートスタウトとなりました。
過去のチョコレートスタウトの例でいうと、2019年がバナナチョコレートスタウト、2018年が杏仁チョコレートスタウトとなっています。

使用されているミントは、ハーブティや料理に多く使用されるスペアミントと、このスペアミントを上回る清涼感を持ったペパーミントの2種類です。
一回の醸造に使用されたミントの量はなんと30kgとのこと。

飲めば飲むほどミントの清涼感が増し、飲み終わる頃には爽やかな余韻に浸されるチョコレートスタウトです。
「ミント男子」が意外と多いという話も聞いたことがあるので、今年のヴァレンタインには、彼氏や旦那様にこのビールをプレゼントしてみてはいかがでしょう?

こちらの商品であれば詰め合わせセットになっていますので、自分とパートナーとで一緒に楽しむことができますよ。


チョコレートスタウトとは

チョコレートスタウトについても解説しておきます。
チョコレートスタウトはチョコレートを使用したビールではありません。
ビールの材料のみで造られたビターなビールのことを指します。

通常のビールは麦芽を約85度で焙煎をしますが、チョコレートスタウトで使用する麦芽は約160度で焙煎を行います。
この高温で焙煎することにより麦芽はダークな茶色となり、かじるとほろ苦いビターチョコのような味がします。
このことから、チョコレート麦芽とも呼びます。

スタウトはビアスタイルの一つで、黒くなるまでローストした大麦を使用し、上面発酵によって醸造されたビールを指します。
日本の大手で販売されている黒ビールの多くはラガーと同様下面発酵のビールが多く、スタウトと名のついているものでも下面発酵のビールが多いのも、日本のビールの特徴でもあります。

コメント