挑戦する日本酒「二兎純米吟醸 雄町55」二兎追うものしか二兎を得ず

日本酒,二兎 日本酒
スポンサーリンク

「二兎を追うものしか二兎を得ず」。
これを読んで違和感があった方、正解です。
本来は「二兎を追う者は一兎をも得ず」ですからね。

しかし、あえてこの言葉を使う酒蔵があります。
今日はその挑戦的なお酒を紹介します。

スポンサーリンク

二兎純米吟醸 雄町55

年末も年末、大晦日に日本酒を飲みました。
その時に飲んだのが二兎純米吟醸 雄町55」です。

二兎のパッケージが可愛らしく描かれており、見た目から好感が持てます。
少し控えめですがすっきりとした香りと、米の旨味と甘みがしっかりと感じられる味わいを持っています。

甘味と辛味が絶妙なバランスを保ち程よいジューシー感。
メーカーでは飲み飽きないために食中酒にもおすすめ、とのことです。
日本酒っぽい感じが強いと飲み飽きてしまうこともありますが、このお酒ならそのようなことはなく、いつまでも飲める感じです。

日本酒は、愛知県岡崎市の丸石醸造にて造られています。
精米歩合はその名の通り55%、使用されている酒米は雄町です。
雄町の栽培は愛知県が9割を占めています。

酒米では山田錦が有名ですが、雄町はその祖先にあたります。
江戸時代の末期に備前の国、今の岡山県で伯耆大山(現鳥取県西部)への参拝帰りに発見し、持ち帰って育てたのが始まり。

雄町の特徴は長い余韻、熟成で化ける旨味、そして料理との相性が良いことです。
この雄町の特徴を上手く生かしたお酒が二兎純米吟醸 雄町55」となります。

二兎のコンセプトですが、このように紹介されています。

二兎の焦点、それは

”二兎追うものしか二兎を得ず″

「味」と「香」、「酸」と「旨」、「重」と「軽」、「甘」と「辛」。

二律背反する二つのコトガラが最高のバランス・味わいになるように試行錯誤を繰り返し、

丸石の酒造りに合う米を「雄町」と「山田錦」の二つに選びました。

雄町は純米大吟醸酒・純米吟醸酒のクラスを…。

キレイでいて旨味と甘みを豊かに感じ、そして余韻の軽さを求めています。

山田錦は純米吟醸酒・純米酒のクラスを…。

味わいがゆっくりと心地よく広がり、軽快な余韻が長く楽しめる酒を求めています。

雄町と山田錦という全国的にも有名なお米を、

古くより酸と甘さにこだわり日本酒を育ててきた丸石醸造が、

丸石醸造のベクトルで雄町と山田錦を追求します。

出典:丸石醸造HP

二兎には雄町と山田錦を使う2種類のシリーズがありますが、今回飲んだのは雄町を使用した方です。
絶妙に取れている味のバランスが二兎の真骨頂です。


丸石醸造について

丸石醸造ですが、元禄3年(1690年)東海道岡崎宿、東の入口(現在の若宮町)にて酒蔵創業したのが始まりです。
この時作られたのが清酒「三河武士」です。

その後、明治29年(1896年)元松家と事業合併し、丸石合資会社を設立し、明治33年(1900年)には兵庫県西宮市に灘工場「誉蔵」を建設し、清酒「長誉」の販売を開始しました。
大正6年(1917年)愛知県岡崎市中町に今の前身となる味噌、醤油工場を建設し、製造を開始しました。
そして、昭和22年(1947年)に丸石醸造株式会社を設立し、現在の中町にて営業を開始し、今日に至っています。

丸石醸造は二兎以外にも「徳川家康」「萬歳」という日本酒を造っています。
興味がある方はいろいろ試してみてくださいね。

コメント