超激レア日本酒「ハイパーノヴァ」!年一日しか出荷されない実力は?

富士酒造,ハイパーノヴァ 日本酒
スポンサーリンク

さて、先日秋刀魚をつまみに飲んだ日本酒を紹介しました。
実はもう1本飲んでます。
そちらもとてもおいしい日本酒だったので、紹介しようと思います。
かなりのレア酒なので、探してもなかなか見つからないかもしれませんが。

スポンサーリンク

激レア日本酒・栄光富士「ハイパーノヴァ」

富士酒造,ハイパーノヴァ
日本酒らしからぬネーミングを持つ、栄光富士の「ハイパーノヴァ」。
こちらも秋刀魚と合わせていただきました。
「穂乃智」も美味しかったのですが、こちらはまた別の美味しさです。
まずは、どんな日本酒なのか紹介します。

富士酒造によって醸造された「ハイパーノヴァ」。
こちらの日本酒は山形県産のお米、雪若丸を使用した商品になります。
雪若丸は平成30年に生まれたばかりのお米です。
米の食味ランキングで「特A」を取得したお米になります。

一般的には日本酒を作るのは酒米と言われているお米ですが、こちらは普通に食べられる飯米。
そんなお米から生まれた日本酒となります。

このお酒、見つけた方はラッキーです。
というのも、この日本酒は一年に一日しか出荷されません。

そんなハイパーノヴァの味を紹介しておきます。
特に記載はなかったのですが、 微発泡で舌に刺激があります。
軽いぷちぷち感が気持ち良い感触ですね。
あまり甘すぎず、ちょうど良い日本酒度です。

キレ味が良く、甘み・酸味・苦味のバランスがちょうどよくできてます。
フィニッシュもくどすぎず、さっぱり。
だけど、ふんわりとちょうど良いお米の甘みが広がります。

よくできている日本酒でした。
ごちそうさま。

公式の紹介も載せておきます。

極超新星=ハイパー・ノヴァとは、超新星の
10倍以上の爆発エネルギーを持つ新星の総称です!

その旨味と輝きが、
より大きな広がりとなります様に
名付けられました!

旨味と輝き、広がってます!とても美味しかったです!
これからも美味しいお酒を造って下さい。

この日本酒を造った富士酒造とは?

ハイパーノヴァを作ったのは富士酒造。
江戸幕府第10代将軍・徳川家治の時代、安永7年(1778年)、第4代加茂屋・加藤専之介有恒が、当時天領とされていた大山地区(現在の山形県鶴岡市)にて、親戚筋から酒株24株を入手し、酒銘を「冨士」と定め酒造業を開始しました。
昭和30年代に「栄光」の2文字を冠し「栄光冨士」として商標を登録しました。

ハイパーノヴァ以外にも、闇鳴秋水などが高評価を得ている富士酒造。
昨年いただきましたが、美味しかったです。
酒屋さんもかなり推していた酒造です。

富士酒造のベーシックな商品を紹介しておきます。
こちらであれば手に入るはず・・・。

また見つけたら、買おうと思います。
みなさんも酔い酒ライフを。

コメント