リップルのカンファレンス「SWELL」が目前!SWELLとは?

リップル,SWELL,ニュース 仮想通貨
スポンサーリンク

リップルの値動きが上昇し始めていますね。
来月から始まるカンファレンスの「SWELL」の影響があるかもしれません。
例年SWELL前後は激しい値動きを見せるリップル。
SWELLがどのようなものなのか、またリップル関連の最新ニュースをお届けします。

スポンサーリンク

リップル社主催のカンファレンス「SWELL」

リップル,SWELL,ニュース
2019年11月7日~8日にかけて、米リップル社主催である国際カンファレンス「SWELL2019」が開催されます。
今年は世界有数の金融センターであるシンガポールにて行われます。
このSWELLにはCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏も登場し、オープニングスピーチを行う予定です。

SELLとは「巨大な波」を意味する言葉であり、世界各国から政治・経済界を始め、銀行業界、ブロックチェーン業界のリーダーが一堂に介しリップルを使用した送金の未来について議論・発表する場となります。
2017年にはカナダのトロント、2018年にはリップル社の本拠地であるサンフランシスコでそれぞれ開催されています。

今年のゲストスピーカーに予定されているのは、バングラディシュのモバイル金融サービス「bkash」のCEOであるカマル・クアディル氏、シンガポールの外務省で大使を務めるチャン・ヘンチー氏、前インド準備銀行総裁であり、シカゴ・ブース金融額教授を務めるラグラム・ラジャン氏となります。

2018年には大統領経験を持つビル・クリントン氏を迎えての開催でしたが、今回はそこまで豪華な顔ぶれではない印象です。
とはいえ、それぞれのプロフェッショナルの人物達を迎えてのSWELLとなりますので、各スピーチ内容には注目が集まります。

今回のSWELLの主要なイベントは以下のとおり。
【11月7日(木)の主なイベント】

  • ペイメント業界の新興大型テック企業
  • 本当に使える国際送金システム
  • ポリシーに関する討論: デジタル資産はいつ主流となるのか?

【11月8日(金)の主なイベント】

  • モバイルウォレット: クレジットとバンキングのリープフロッグ型発展
  • パネルディスカッション: 送金サービス利用者が本当に欲しいもの
  • トップ大学のブロックチェーンプログラム
  • 流動性の今

なお、2017年開催時には事前にTwitterアカウントでカウントダウンを行いました。
当初は何の情報もなくカウントダウンだけが行われたために、仮想通貨界隈では様々な憶測が飛びました。
そして、SWELL2017のカウントダウンとわかるとリップルの価格は急騰、21円から24円まで高騰、その後もSWELLに向けて上昇しました。
しかし、昨年はカウントダウンにより投資家などに過剰な期待を抱かせないためか、カウントダウンは行っていません。

今年に開催されるSWELLが期待されているせいか、ここ最近はリップルの価格が上昇傾向にあります。
9月末は25円まで値を落とししばらく低迷していたリップルですが、現在は30円まで値を戻しています。
この後SWELLで大きな発表があれば、さらに価格が上昇することが期待できます。
SWELL前後のリップルの価格には、注目が集まります。

ステーキングサービス「XRP-BF2」提供開始

リップル,SWELL,ニュース
次はリップルのステーキング関わるニュースを紹介します。
バイナンスの独自ブロックチェーン「Binance Chain」を利用したトークンスワップサービスを提供するDefi企業「BEPSwap」は、「XRP-BF2」に対応したステーキングサービスを提供すると発表しました。

XRP-BF2は、バイナンスチェーン上でもリップル(XRP)の取引を可能にするためのミラー通貨として誕生したトークンで、1 XRP-BF2=1 XRPとの形でペッグ(固定)となります。
BEPSwapは、バイナンスチェーン上でオンチェーンステーキングを行うことが可能であり、ユーザーは預け入れ金利としてXRP-BF2を利子として得た上で、複利運用も行える仕組みを提供できるとしています。

BEPSwapは、このステーキングサービスを通じて、XRP-BF2の出来高を増やし、いわゆる「深度な流動性」を作る仕組みを提供したいとしています。
BEPSwapは現在テストネット段階にあり、近いうちに正式にリリースを行う予定。

ここ最近、このようなステーキングサービスが多く生まれています。
上記の通り、流動性を作る仕組み獲得のためこぞってステーキングサービスが行われている印象です。
取引所などはステーキングを行ってもらえれば流動性が確保できます。

一方で、ユーザーはステーキングを行うと金利が得られることになります。
双方にとって効果のあるサービスとなります。

このようなステーキングサービスを利用して、うまく資産が増やせたら良いなとは思っています。
興味がある方はステーキングについて調べてみてはいかがでしょうか。

リップル社ウォレット開発企業にリップル普及のため投資か

リップル,SWELL,ニュース
次のリップルのニュースはウォレット関連のものとなります。
リップル社が仮想通貨ウォレット開発企業BRD社に75万ドルの出資を行いました。
これは、仮想通貨リップルの普及が目的です。

BRD社は自社のウォレットアプリにてリップルを扱うことができるようになりました。
アプリはandroid端末・iphone端末どちらでも利用することができます。
このアプリは170か国250万人のユーザーが利用しているとのこと。
そして、この企業はSBIが出資している企業でもあります。

SBI社はリップルのパートナー企業でリップルの普及にも努めています。
リップルは三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクがリップルのプロジェクトに参画しています。

日本でリップルの国際送金が実用化されてくれば、リップルを含む仮想通貨が盛り上がっていくと思いますが、今後の行く末はいかに?

以前のリップルのニュースはこちらからどうぞ。

2019年5月上旬のリップルのニュースを紹介!
2019年5月に入って、リップル関連のニュースがいくつか出てきましたので、まとめて紹介します。リップルはビットコインが上がっても一緒に上がらなかったりもしますが、そのあたりについても触れています。また、今後期待できるニュースも紹介します。

コメント

  1. […] リップルのカンファレンス「SWELL」が目前!SWELLとは?リップルの大規模カ… […]