キリンこだわりのビール「とれたてホップ生ビール」を解説します!

一番搾り,とれたてホップ生ビール ビール
スポンサーリンク

ビールの原料といえば・・・ホップですね。
今年収穫したホップを独自の技術を利用して作った「一番搾り とれたてホップ生ビール」が新発売されました。
この時期しか味わえないこの製品を今回は紹介します。

スポンサーリンク

「一番搾り とれたてホップ生ビール」は今年で16年目!

キリンビールから2019年10月29日「一番搾り とれたてホップ生ビール」が発売されました。
このビールは毎年数量限定で発売されており、今年で16年目。
今年収穫した岩手県遠野産のホップを使用し造られています。

岩手県遠野市は国内最大級のホップの産地です。
この遠野市で育つ「IBUKI」というホップを使用された一番搾りとなっています。
IBUKIはドイツ種「ザーツ」とアメリカ種「ホワイトバイン」の交配から生まれた「信州早生」に改良を加えた品種です。
このIBUKIの特徴は華やかな香りです。

国内でもビールの種類の幅が広くなってきており、ホップの需要が高まっていますが、実は国内のホップの生産量は最盛期よりもかなり落ちています。
これは、生産者の高齢化、後継者不足によるもののようです。
2005年には497トンものホップを収穫しましたが、2017年には273トンまで落ち込んでいます。
この現状を憂うキリンはホップを守る活動を生産者と共に行っています。

そのようなキリンが作る今回のビール、実力は十分です。
どのようなこだわりで作られているかを、もう少し詳しく紹介しましょう。

とれたてホップ生ビールのこだわり「凍結ホップ」

一番搾り,とれたてホップ生ビール
ホップは収穫後に、品質を保つために乾燥させて使用するのが一般的です。
ホップは乾燥させた後に工場で圧縮・固形化させて、ペレットと言われるものに加工されます。
このペレット化をすることにより、長期保存を可能にします。

しかし、とれたてホップ生ビールに使用されるのは、このペレットではありません。
「凍結ホップ」を使用します。
ホップを収穫したら素早く水分を含んだ状態で、キリン独自の技術を使用して凍結状態にします。
生のままマイナス50度まで凍結したホップは乾燥したホップとは違い、青草や果実のようなフレッシュな香り成分が多く含まれており、この味を生かしたのが取れたてホップ生ビールとなります。

凍結したホップは液体窒素で凍結したまま粉砕します。
ここまで手間をかけるのは、ひとえに「ホップのみずみずしさを保つため」という、キリンの品質に対するこだわりからです。
粉砕されたホップは空気をシャットアウトしたアルミの袋に凍ったまま袋詰めされて、工場に運ばれます。

一番搾りとは?

名前にも冠されている「一番搾りですが、これにもキリンのこだわりが詰まっています。
ビールの製造工程は、以下のように分かれています。

1.仕込み
2.発酵
3.貯蔵
4.濾過、パッケージング

このうち、仕込みは糖化、麦汁濾過、煮沸という工程で進んでいきます。

糖化は麦芽を砕いてお湯と混ぜます。
そうすることでもろみができます。
もろみを濾過して麦汁を取り分けますが、この時に最初に流れてる麦汁を「一番搾り麦汁」、その後に流れるのが「二番搾り麦汁」です。
一番搾り麦汁だけを使うことで、上品なビールの味わいを作り出します。
二番麦汁を使用するとコクのあるビールになりますので、この辺りは使い分けですね。

一番搾り麦汁は雑味がなく純粋な味になるので、ホップの美味しさがより伝わるビールとなっているのです。

「一番搾り とれたてホップ生ビール」を楽しもう!

とれたてホップ生ビールは、全国のスーパーや酒屋さんなどで購入することができます。
また、現在キリンビールでは2019年10月29日~2019年12月10日までの間で、購入したビールに当たりが出ると「一番搾り・一番搾りとれたてホップ飲み比べセット」が当たるキャンペーンを行っています。

24缶ケースか、6缶パックの「一番搾り生ビール」にて当たりが出ると「一番搾り」を24本「一番搾りとれたてホップ」を24本もらうことができるキャンペーンです。
詳しくはこちらのキリン公式ページを確認してください。

合計48本分ももらうことができるので、太っ腹なキャンペーンですね。
もしも一番搾りを購入した際は、忘れないようにチェックしてみてください。

コメント