伝説のホップ「ソラチエース」を使ったビールがリリースされてました

ビール,ソラチエース ビール
スポンサーリンク

今日はお酒記事!
みんな大好きビールの記事!
昨日飲んだビール「SORACHI1984」を紹介します。
日本生まれの伝説のホップ「ソラチエース」が使われており、このホップは海外ではかなり有名になっています。
これが日本で飲めるのは、素晴らしいの一言。
気になった方はぜひご賞味ください。

スポンサーリンク

「SORACHI1984」というビールを知っていますか?

昨日、サッポロから発売されている「SORACHI1984」というビールを飲みました。
このビールをご存知でしょうか?

ビールの主成分はご存知ホップと麦芽ですが、使用するホップによって味が大きく変わります。
そして、このSORACHI1984というビールに使用されているホップは、北海道の空知郡で生まれたソラチエース。
このソラチエースというホップですが、開発当初は斬新すぎる特徴が当時の日本では合わず、このホップを使用したビールの開発は見送られました。
その後、長い旅路を経てソラチエースを使用したビールであるSORACHI1984が2019年4月に一般販売開始されました。

ソラチエースはどのようにして今に至ったのか

日本の野生ホップの発見は1871年と言われています。
北海道の西部である岩内町で発見されました。
そして、1974年に後にソラチエースと呼ばれる品種開発計画がスタートされます。

ソラチエースは日本にはまだ早かった

サッポロのホップ登録第一号としてソラチエースが品種登録されたのが1984年。
10年かけて品種開発が実を結ぶことになります。

しかし、当時は様々なビールに使うべく開発されたソラチエースは当時の日本に合わず、商品化には至りませんでした。
ソラチエースはヒノキや松、レモングラスなどを思わせる華やかな香りが特徴でした。
この華やかな香りは当時のビールにはないものでしたが、この時代に求められたビールは「のどこしすっきり」「爽快感」。

現在のビールは多様なものが販売されており、華やかな香りを持つビールも多くありますが、この当時には合わなかったようです。
そのために、時代が追い付いてくる日を待つことになります。

アメリカに渡ったソラチエース

このソラチエースは10年後、アメリカに渡ることになります。
アメリカではクラフトビールが注目され始め、個性派ビールの人気が高まっていたため、このソラチエースを使用したビールも生まれるのではないか、という期待感があったためです。

しかし、アメリカでもまだホップが主役の時代ではなかったようです。
というのも、上面発酵や下面発酵、ベルギー系統などの醸造方法の違いのビアスタイルは注目されてはいたものの、ホップの違いによる味の特徴は主役にはなれなかったのです。

その後、2002年に有名なホップ農家のダレン・ガメッシュ氏とソラチエースが出会うことになります。
ガメッシュ氏は、トラックの中でその香りを嗅いだ時をこのように表現しています。

今まで感じたものとは全く異なる感覚を持ち、ホップ畑の中で縛り付けられたかのように立ちすくんでしまった

このソラチエースに衝撃を受けた同氏はソラチエースを使用してビールを醸造してほしいと、数多くの醸造所を訪ねました。
ソラチエースを使用した醸造家からは「仕上がりが良くなる」「深みが出る」「香りが絶妙」と、絶賛されました。
2008年にはブルックリンラガーで有名なブルックリンブルワリーとの出会いもあり、のちに「ブルックリンソラチエース」が発売されることに繋がっています。

現在では、「違いを作るホップ」として注目を集め、アメリカ国内だけではなく、ヨーロッパでも広く使われるようになりました。
ワシントン州でソラチエースの栽培が盛んになるもののこのホップは希少性が高く、伝説のホップと呼ばれるようになりました。

日本でのソラチエース採用のビール販売開始

日本でソラチエースを使用したビールが発売されたのは、2016年にオンライン限定で発売された、「Craft Label THAT’S HOP 伝説のSORACHI ACE」。
12本で4328円で販売されていました。

使用されるホップは全てソラチエース
「まるで森林にいるかのような香り」と評される香りがそれまでのビールと一線を画していました。

そして、2018年に発売されたのが、「伝説のホップ ソラチエース」。
こちらもオンライン限定、ソラチエース100%使用されたビールです。

「奇跡のホップ フラノマジカル」とのセット販売で、期間限定で販売されていました。
このフラノマジカルというビールも、富良野で造られる希少なホップであるフラノマジカルを使用しています。

これらは全て限定商品であり、既に入手困難。
しかし、2019年4月に一般発売されたのがSORACHI1984です。
先行でビアフェスやサッポロライオンチェーンの一部店舗で提供していましたが、現在は通年で楽しむことができるようになりました。

ソラチエースを使用したビールSORACHI1984はどんな味?

ビール,ソラチエース
お待たせしました。
SORACHI1984の味の紹介をします。

商品特長は次のようになっています。
・ヒノキやレモングラスを思わせる心安らぐ香り
・飲んだ後、口の中にふわっと広がる旨味

ビアスタイル:ゴールデンエール
価格:270円(税込・参考小売価格)
アルコール度数:5.5%
IBU:35

サッポロ Innovative Brewer SORACHI1984(Amazonリンク)

IBUは苦味の単位で、35はかなり優しい味だと思います。
飲んだ感想としては、ビールの割には少し甘め、苦味はしっかりと、適度に感じることができます。
匂いはウッディな香りもありますが、全体的には柑橘系の香り。

サッポロの一番搾りと飲み比べたのですが、ビール初心者でも飲みやすい印象。
のどごしさっぱり、爽快感という古き良きビールとはまた違った味だと思います。

今回は薬局で購入しましたが、大手スーパーやコンビニなどでも購入できます。
もちろんネットでも購入することができます。

興味が湧いた方は、ぜひ飲んでみてください。
日本大手ビールもここまで来たか、と思わせるビールだと思います。

コメント