ハロウィンにピッタリなビールや焼酎、カクテルなどを紹介!

ハロウィン,ビール,焼酎,カクテル イベント
スポンサーリンク

そろそろ9月も終わりですが、まだ残暑が厳しいですね・・・。
しかし、世間はハロウィンのデコレーションで街がにぎわっています。
そこで、今回はハロウィンにピッタリなお酒を紹介します。
今のうちにハロウィン用のお酒の予習をしておきましょう!

スポンサーリンク

ハロウィンと言えばカボチャ!カボチャ関連の酒を紹介

ハロウィンで真っ先に思いつくのがカボチャ。
まずはカボチャのお酒を紹介します。

ベアードビール カントリーガール かぼちゃエール

ハロウィン,ビール,焼酎,カクテル
静岡から生まれたクラフトビール、ベアードが作るカントリーガールを紹介します。
ベアードビールは2000年に創業、日本で一番小さな醸造所としてスタートしました。

そのベアードビールはこれまでにいくつもの種類のビールをリリースしてきましたが、今回紹介するのはかぼちゃを原料としたビール。
創業者であるブライアン氏のお母さまをイメージして作られたビールです。

数種類の麦芽とホップ、そして地元産のカボチャを使用して作られたビールのラベルには、彼女がかぼちゃ畑で収穫を楽しんでいる姿が描かれています。
毎年限定醸造で作られるビールですが、使用するかぼちゃにより味が変化します。
そのため、毎年購入して飲み比べしたいビールです。

苦みは少なく、かぼちゃの優しい甘みが秋を感じさせる味わいです。

深野酒造 単式25°深野 かぼちゃ焼酎

ハロウィン,ビール,焼酎,カクテル
次に紹介するのはかぼちゃの焼酎です。
自分が知っている範囲では2種類のかぼちゃ焼酎がありますが、今回紹介するのは深野酒造のかぼちゃ焼酎です。

熊本県で収穫される万次郎かぼちゃ。
このかぼちゃを使用して造られたのがかぼちゃ焼酎です。

このかぼちゃ焼酎はクセもなく、とても飲みやすい焼酎です。
かぼちゃの甘みと香りを杜氏がうまく引き出したこだわり焼酎です。
そして、ハロウィン限定ボトルでハロウィンのデコレーションがされており、飾ってもその場を盛り上げることでしょう。
和風なハロウィンを求めている方にはうってつけの1本かも?

こちらのかぼちゃ焼酎でカルーアミルク風なものを作ることもできます。
かぼちゃ焼酎・牛乳・インスタントコーヒーを混ぜます。
お好みで甘さの調整に砂糖を加えたり、お酒が好きな方はラム酒を加えましょう。

これでかぼちゃ焼酎を使ったカルーアミルク風のカクテルができます。
ぜひ試してみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハロウィン限定 かぼちゃ焼酎 25度 720ml
価格:1320円(税込、送料別) (2019/9/26時点)

ハロウィンにぴったりのカクテル

次に紹介するのは、ハロウィン向けのカクテル。
かぼちゃを使ったもの以外にも、ハロウィンにぴったりなカクテルを紹介します。

パンプキンカルーアミルク

ハロウィン,ビール,焼酎,カクテル
カクテルのカルーアミルクに使うカルーアは有名だとは思いますが、かぼちゃの入ったカルーアパンプキンがあるのはご存知でしょうか?
カルーアにパンプキンのフレーバーが加わり、さらに甘味が強まります。

このカルーアパンプキンを使ったカルーアミルクを作れば、ハロウィン向けのカルーアミルクが出来上がります。
少し甘すぎるという方は牛乳を多めに使いましょう。
もちろん甘いのが好き、という方はカルーアパンプキンを多めに入れて調節しましょう。

涼しくなってきたら、ホットでも美味しく飲めると思います。
ハロウィン本番は10月末。
その頃にはかなり涼しくなっているでしょうから、ホットでこのカルーアパンプキンを使用したカルーアミルクを楽しむのもおすすめですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルーア パンプキン 正規 20% 700ml リキュール
価格:3380円(税込、送料別) (2019/9/26時点)

かぼちゃリキュールを使ったパンプキンスパイスジンジャーエール

ハロウィン,ビール,焼酎,カクテル
ブルーキュラソーなどで有名なBOLSですが、パンプキンリキュールも販売しています。
パンプキンスパイスという名前で販売されており、かぼちゃにシナモンとナツメグを漬け込み作られています。
しっかりとしたかぼちゃの味と香りがするリキュールです。

このリキュールを使ったカクテルがパンプキンスパイスジンジャーエール。
作り方は簡単。
リキュールとジンジャーエールをお好みの分量で混ぜるだけ。
仕上げにライムを添えるのも良いでしょう。

一つ残念なのが、このリキュールは数量限定・季節限定ということ。
買い時を逃すとしばらく買えなくなるのでご注意を。

ハロウィンで使いたい方は、見つけた時にすぐに購入しておくのがおすすめ。

トマトジュースを使ったカクテルブラッディメアリー

かぼちゃを使わないカクテルも紹介しておきます。
有名なカクテル、ブラッディメアリー。

名前の由来は16世紀のイングランド女王のメアリー1世から来ています。
このメアリー1世はカトリック教会復興のため、カトリックから分離したプロテスタント300名を処刑したそうです。
そのために、血まみれメアリーという名の「ブラッディメアリー」という異名を付けられました。

この血をイメージしたものが、ブラッディメアリーというカクテルです。
由来を聞いてしまうと少し怖いカクテルですね。

作り方ですが、ウォッカ45mlとトマトジュース適量を良く混ぜます。
お好みでレモンジュースを足したり、タバスコやブラックペッパーを加えても美味しくなります。

さて、ここでさらにおいしいカクテルを紹介します。
ブラッディメアリーも美味しいカクテルですが、さらに美味しくすることができます。
ブラッディメアリーで使用するトマトジュースを、クラマトに変えます。
そうすると、コクが出てとても美味しいカクテルになります。

クラマトとは、「クラム+トマト」からできた名前です。
トマトジュースとアサリやはまぐりなどの貝のエキスを混ぜたものです。
このクラマト、そのまま飲んでも美味しいのですが、カクテルにも相性抜群。

クラマトとウォッカを混ぜるとブラッディシーザーというカクテルになります。
これがとても美味しいので、トマトジュース好きの人もそうでない人も試してみてください。

元々自分はトマトジュースが嫌いだったのですが、これを飲んでみたらトマトジュースも好きになりました。
それくらい美味しいカクテルですよ!

そして、クラマトですがこちらがおすすめ。
バーでも良く使われているクラマトです。
たまに味が薄く、あまり使えないものもありますが、このクラマトはそんなことはなく本当に美味しいクラマト。
気になる方はぜひ。

死人も生き返るカクテルゾンビ

最後に、ゾンビというカクテルを紹介しておきます。
このカクテルは、死人も生き返るほどアルコールが強いことからゾンビという名前が名付けられました。

カクテルの作り方ですが、材料はこちらを使います。
ホワイトラム   30ml
ゴールドラム   30ml
ダークラム    30ml
アプリコットブランデー  15ml
オレンジジュース     20ml
パイナップルジュース   20ml
レモンジュース      10ml
グレナデンシロップ    10ml

これらをシェイクしてグラスに注ぎます。
この時使うグラスはゾンビグラスと言われるものです。
仕上げに、カットオレンジなどフルーツで飾ります。

ゾンビグラスはロングカクテルで使われるグラスのことを指し、カクテルのゾンビを入れるために使われたグラスのためにこの名前になりました。
しかし、今ではコリンズグラスと呼ぶのが一般的です。

映画「ティファニーで朝食を」でヘップバーンが飲んでいたことでも知られているカクテルです。

お酒と共にハロウィンを楽しもう!

ハロウィンにおすすめなお酒を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
定番のかぼちゃはもちろん、血をイメージするカクテルやゾンビなども併せて紹介しました。

味については、特におすすめなのはブラッディシーザーです。
使用するウォッカをジンに変えたり、テキーラに変えてもクラマトの美味しさが引き立つカクテルになります。
ハロウィンをきっかけに、クラマトを知ってもらえたらと思います。

それでは酔いハロウィンで楽しい時間を!

コメント