仮想通貨リップルの価格はなにに影響される?基本情報と推移を確認!

仮想通貨,リップル,価格 仮想通貨
スポンサーリンク

日本でも人気の仮想通貨の一つであるリップル。
時価総額もイーサリアムを抜いて2位まで昇りつめてきました。

そもそもリップルという仮想通貨はどのような仮想通貨なのでしょうか?
また、今までどのような価格の変遷を経てきたのでしょうか?

基本情報を抑えつつ、リップルの価格に影響した出来事についてみていきます。

スポンサーリンク

仮想通貨リップルの基本情報

リップルの基本情報ですが、このようになっています。

通貨単位 XRP
最大発行枚数  1000億XRP
公開日 2013年9月26日
公式サイト https://ripple.com/

リップルという名称ですが、仮想通貨の名称ではありません。
法人であるRipple社を指すことが多いです。

リップル社はリップルを運営している会社ですね。
正式には「Ripple inc.」というアメリカのカリフォルニア州に拠点を置くIT企業です。

また、リップルを利用した送金システムの名称でもあります。

ただし、仮想通貨のことを指してリップルと表記されていることも多く、メディアでもリップルと表現されることもたびたびあります。

そのために、この仮想通貨をリップル、と称してもさほど問題はないようです。
ここでも、XRPをリップルと表現することにします。

仮想通貨リップルはブリッジ通貨としての役割を果たす

仮想通貨,リップル,価格
リップルはブリッジ通貨としての役割を担うことを目指している通貨です。
ブリッジ通貨とは、異なる通貨間の橋渡しをする通貨を指します。

仮想通貨の種類がA、B、C、D、Eとあった場合、すべての通貨ペアを作らないとそれぞれの取引が成立しません。

この場合、すべてのペアを成立するには10通り必要になります。
通貨ペアが多ければ多いほど、この数は増えていきます。

しかし、ブリッジ通貨を介して取引する際には、A-XRP、B-XRP、C-XRP、D-XRP、E-XRPといったように、5種類のペアを作ればブリッジ通貨を介してすべての通貨との取引をすることができます。

ブリッジ通貨に必要な要素として、

  • 送金スピードが早い
  • 送金手数料が安い
  • この二つが挙げられます。

    送金スピードが必要な理由は、仮想通貨はボラリティが非常に大きいことが特徴とされています。
    そのために、価格の変動が起こらないうちに素早く送金する必要があるためです。

    また、ブリッジとして間に一度挟む必要があるため、手数料も安いほうが良いですよね。

    リップルは、この二つを満たしている仮想通貨です。

    リップルを送受信するネットワークでは、約4秒で送受信が完了します。
    ビットコインの送受信は短くても10分程度かかってしまいます。

    ビットコインはその10分間でも価格が大きく変動する要素があります。
    そのため、ブリッジ通貨はスピードが必要とされています。

    リップルの送金スピードが速い理由は?

    仮想通貨,リップル,価格

    リップルの送金スピードが速い理由はなんだと思いますか?
    それは、「ブロックチェーンを使わない」ことです。

    仮想通貨はブロックチェーン技術を利用している、というのが一般的かもしれません。
    しかし、リップルではブロックチェーンを使っていません。

    ビットコインなどはPoW方式といわれる仕組みを採用しています。
    これは、ビットコインを送金する際に計算式を解くことで送金することができます。

    この行為をマイニングといいますが、このデメリットは承認に時間がかかる、ということです。

    しかしリップルはPoC方式を採用しており、ビットコインのように承認者が不特定ではなく、ある特定の決まった承認者だけが承認できる仕組みとなっています。

    そうすることにより、PoWよりも大幅に承認速度を上げることができます。

    リップルは国際送金に使われ始めている!

    リップルはその送金スピードと手数料の安さから、すでに国際送金で使われ始めています。

    国際送金は、通常だと手数料が数千円程度かかるのと、時間が1~3日間もかかってしまいます。

    その点、リップルを使って送金するとわずか4秒で送ることができます。
    手数料もわずか0.0004円となっています。

    これを比較してみると、国際送金に向いていることがよくわかりますね。

    リップルネットで国際送金を可能に!

    仮想通貨,リップル,価格
    リップルが使用している送金ネットワークのことを、ripplenetといいます。

    このネットワークにより世界各国の大手企業がつながっており、高速で安価な国際送金を可能にしています。

    この企業の中には、バンクオブアメリカやイングランド銀行、日本国内でも三井住友銀行、三菱UFJ銀行など、大手企業が名を連ねています。

    リップルではripplenetの他に3種類のプロダクトがあります。
    それぞれどのようなプロダクトなのかを見ていきましょう。

    リップルのxCurrentでデータを透明化!

    xCurrentは、金融企業向けのプロダクトです。
    国際送金は、二か国での送金でも最低でも3つ以上の銀行を経由する必要があります。

    しかし、どの銀行を中継して送金するかは、送金を依頼された銀行が依頼されたときに調べて送金を行っていました。

    このため、どの銀行を中継してどのくらい時間がかかるかはわからない状態でした。

    しかし、xCurrentは送金データをメッセージ付きで送ることが可能です。
    このサービスはメッセンジャーとInterledger Protocolで成立する仕組みです。

    最初に、二国間で口座情報や取引内容をメッセンジャーを使って確認しあいます。

    情報の確認が終わると、Interledgerを通して両国間で取引の準備ができていることを承認システムにより承認します。

    最後に送金が行われ、成功したかどうかが確認され、結果がInterledger Protocolを利用した台帳に内容が書き込まれる仕組みとなっています。

    このプロセスはいくつかの工程で成り立っていますが、数秒で完了します。

    送金コスト削減を達成するxRapid

    xRapidは従来の国際送金で行っている中継プロセスを省略できるものです。

    通常の場合、金融機関間で国際送金を行うには特定の口座が必要となります。
    特定の口座とは、銀行が送金先の国の通貨建てで保有する口座のことを指します。

    もしも日本からアメリカに送金したい場合、ドル建ての口座を保有しておく必要があり、その口座を通して決済を行います。

    これは、送る国が増えれば増えるほど必要な口座が増えることを意味しています。

    この特定の口座はノストロ口座と呼ばれ、10か国の間で取引を行う場合、45個の口座が必要になります。

    しかし、xRapidではそれぞれの銀行がリップルのウォレットを保有していれば、送金元の資金をリップルに交換して受け取り側に送金、受け取り側はそのリップルを自国通貨に変換するというシンプルなプロセスで国際送金を行うことができます。

    この仕組みを提供しているのが、リップルのxRapidというプロダクトです。

    ripplenetにつなげるためのxVia

    xViaとは、ripplenetを利用して送金する際に使用するAPIのことです。
    APIとは、アプリケーション同士をつなぐことができる入口のようなものです。

    このAPIを使うことにより、請求書など重いデータでも送信することができます。
    多くのコストや手間、時間などがかかっていた送金が、xViaを使用することで素早く低コストで行うことができるようになります。

    リップルの今後の価格はどのようなことに影響を受けてきたのだろう?

    仮想通貨,リップル,価格

    優れた技術を持っている仮想通貨リップルですが、今後どのようなことがポイントとなって価格上昇が期待できるのでしょうか?
    リップルは、すでに各国の銀行と提携を結んでおり、その数はすでに100社を超えています。

    国際送金が各国で行われることが今後予想されますね。
    また、ロックアップを行うことで、価格の上昇も見られました。

    リップルの価格がどのようなことに影響を受けたのかを見ていきたいと思います。

    リップルの価格が銀行との提携で上昇!

    2017年3月、イングランド銀行がリップルの行う実証実験に参加することを決定しました。

    イングランド銀行は、イギリスの中央銀行で日本の日本銀行(日銀)にあたる銀行です。

    中央銀行は「銀行の銀行」と言われています。

    国内の貨幣の流通量をコントロールしたり、各銀行の決済を取りまとめる役割を担っています。

    そのために、大量の紙幣を一度に動かす必要があるため、大きなコストがかかっています。

    それを解決するのが、リップルでした。
    リップルを使うことにより、コストの削減を目指すためにリップルの実験に参画することを決定したのです。

    また、同月日本の三菱UFJ銀行がリップル社主催のグローバルなコンソーシアムであるGlobal Payments Steering Group(GPSG)への参加を発表しました。
    (出典:三菱UFJ銀行リリース

    日本のメガバンクである三菱UFJ銀行の参画、ともありリップルの価格に影響がありました。

    これらのことから、リップルは価格が1円から8円に急騰しました。

    リップル社によるロックアップにより急騰!

    2017年5月には、リップル社は保有するリップルのうち、550億枚を2017年末までロックアップすることを発表しました。

    ロックアップとは鍵をかけるという単語が使われている通り、、市場に一切出さずにそのまま保管しておくことです。

    リップル社では、全体発行数の約6割を保有しているため、一気に売却すると価格が大幅に下落するのではないか、という点が問題視されていました。

    ロックアップにより、リップル社による大量売りに対しての不安が払しょくされました。
    そのために安心感を生み、リップルの価格が一気に30円から45円にまで急騰しています。

    リップルの国際送金実験が日韓で実施!価格は倍に!

    2017年12月、日韓の銀行間でripplenetを使用した国際送金実験を開始したことが発表されました。

    SBIホールディングスの傘下にあるSBIリップルアジアの発表によるもので、SBIホールディングスはリップル社と共同でSBIリップルアジアを設立しています。

    この発表により、国際送金の実用化の期待感からか、リップルの価格は42円から96円と、倍以上になりました。

    タイ大手銀行が決済にripplenetを採用!

    2017年12月、リップル社はタイ大手のアユタヤ銀行がripplenetを導入したことを発表しました。

    タイの70年の歴史ある銀行がripplenetに参加したことから、価格は85円から138円に伸びています。

    リップル社のCEOがアメリカの番組で発言!価格にも影響が!

    2017年末、リップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏がアメリカのニュース専門チャンネルのCNBCに出演しました。

    その際に、「リップルが銀行などの金融機関のインフラになる」と明言したところ、価格は一気に150円から240円に上昇しました。

    2017年末は仮想通貨全体がバブルの状態であったこともありますが、リップルの高騰の材料になった要因の一つでもあると思います。

    2018年初には仮想通貨バブルの後押しを受け、一時価格は360円まで上昇しております。

    リップルの価格がCoinMarketCapへの韓国規制で下落

    2018年初頭から、大暴騰の反動から仮想通貨全体が一気に大暴落しました。

    さらに、リップルの価格を下げた要因の一つに「CoinMarketCap」と呼ばれる仮想通貨情報サイトが韓国から規制を受けたため、と言われています。

    2018年1月、CoinMarketCapのXRP表示価格から「KRW(ウォン)」が除外されました。

    リップルの市場価格において、KRWの韓国内取引所を合わせると、取引全体の約50%に相当していたそうです。

    そのため、大きな影響を受けたと考えられます。

    韓国では仮想通貨投資が盛んで、世界市場と韓国市場の価格がかけ離れているため、除外されたようです。

    リップルの上場をCoinbaseが完全否定

    2018年、アメリカ最大の仮想通貨取引所である「Coinbase(コインベース)」にリップルが新規上場する噂が立ちました。

    しかしCoinbaseは正式にリップルの上場はないことを発表しました。

    アメリカ最大の取引所であるCoinbaseに上場されれば取引が大幅に増えることが見込まれるため期待されていましたが、その期待に反した結果、リップルはさらに価格を下げることになりました。

    この時の価格は、115円から80円に下がっています。

    SWELLはリップルにどう影響したのか?

    仮想通貨,リップル,価格
    リップル最重要カンファレンスである「SWELL」が2018年10月1日から二日間行われました。

    このSWELLの期待感からか、リップルの価格は30円から70円に達しました。

    この価格の上昇から、時価総額が仮想通貨イーサリアムを抜いて2位に浮上しています。

    しかし、カンファレンス二日目のアジェンダ発表後、大きな発表はないため期待薄と見られたことから、50円台まで価格が下落しています。

    結果としては価格の下落が見られたリップルですが、大型カンファレンスであるSWELLは大きなファンダメンタルの要因であるとも判断できます。

    リップルはどこで買えるのか?

    いかがだったでしょうか?
    リップルのことが少しでもわかっていただけたら嬉しく思います。

    しかし、リップルは書くことがつい多くなってしまいますね。
    今後どのようになるのかなどは、別の記事で書いていきたいと思います。

    さて、リップルはどこで購入すれば良いでしょうか?
    おすすめはビットポイントです。

    各種手数料が無料であり、すべての仮想通貨を取引所形式で扱っているのでスプレッドもありません。

    ただ、まだ新しい取引所のため取引量が少ないことがデメリットとして挙げられます。

    そのため、ビットバンクもおすすめです。
    ビットバンクは日本最大級のリップル取引所です。

    そのため、買いたい時に買えないということはないでしょう。
    ビットバンクも取引所形式のため、安く購入することができます。

    DMMBitcoinやGMOコインでも購入できますが、販売所形式のため割高の価格になります。
    できるだけ、取引所形式のところで購入をおすすめします。

    もしもビットコインで購入を考えているのであれば、バイナンスを使うのも良いでしょう。

    バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所であるため、取引ができないというケースはまずないと思っても良いです。

    すでに開設している取引所を使うのも良いですが、上記の取引所でリップルを購入することをおすすめします。

    バイナンスへの登録はこちらからどうぞ。
    仮想通貨,リップル,価格

    コメント