今さら聞けない仮想通貨の基礎知識!メリットとデメリットとは?

仮想通貨,メリット,デメリット 仮想通貨
スポンサーリンク

仮想通貨ってなんだろう?なんだか話題に上がるけど、電子マネーと同じようなものではないの?
そう思ったりしていませんか?

また、仮想通貨のハッキングのニュースなどを聞いて、危険なものだという認識を持たれているかもしれません。
仮想通貨とはいったいなんなのか?どのような仕組みなのか?どこで売買できるのか?といった仮想通貨の基礎知識を紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨とはなんだろう?ビットコインのこと?

仮想通貨と聞くと、ビットコインのことでしょ?という人もいるのではないでしょうか。
ビットコインは仮想通貨ではありますが、仮想通貨の全てがビットコインではありません。
仮想通貨は様々な種類のものが出ており、代表的な銘柄がビットコインとなります。

仮想通貨として一番初めに造られたのがビットコインで、「ナカモトサトシ」という人物が投稿した論文をベースにして造られました。このナカモトサトシという方は、今なおどのような人物かはわかっていません。

仮想通貨の特徴としては、次のようなものが挙げられます。
・特定の国家による価値の保証を持たない
・暗号化されたデジタルな資産

この特徴をもう少し掘り下げていきます。

仮想通貨は特定の国家による価値の保証を持たない

仮想通貨,メリット,デメリット
日本でいうと「円」、アメリカなどでは「ドル」といった国がその価値を保証している通貨を「法定通貨」と呼びます。
この法定通貨は紙幣や硬貨といった物理的な形で存在しています。

日本では日銀や造幣局といった国に認められた機関が紙幣や硬貨を発行しており、買い物や商取引の決済、また賃金の支払いで法的に認めれているものが法定通貨です。

一方、仮想通貨は特定の国で価値を保証するものではなく、インターネットを介して行われる取引の「電子データ」を指します。これは物理的なものは存在しません。
日本では資金決済法により財産的価値を有するもの、と定義されています。
次の法律は、2017年4月に施行されました。

資金決済に関する法律 第二条 5による定義

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

このように日本政府を始めとして、様々な国で正式に財産価値が認められています。
どこでも使えるというわけではありませんが、法定通貨と同様決済に使用できたり法定通貨と交換することができます。

仮想通貨は暗号化されたデジタルな資産

仮想通貨,メリット,デメリット
仮想通貨の大きな特徴として、暗号化技術を持つことが挙げられます。公開鍵やハッシュ関数などの暗号化技術により仮想通貨の偽造や、2重払いを防ぐ仕組みを有しています。この根底には「ブロックチェーン」と呼ばれる技術がベースとなっており、これが仮想通貨の重要な仕組みとなります。

ブロックチェーンは分散して公開される台帳のことで、複数のコンピュータで管理されており全ての取引がこのブロックチェーンに記録されています。また、このブロックチェーンの内容は誰でも見ることが可能です。

誰でも見られるからといって、誰でもここへ好き勝手に記録することができるわけではありません。ハッシュ関数という技術を用いて暗号化され、この暗号化された結果をブロックチェーンに書き込みます。この暗号化された内容は解読は現在では不可能とされており、ブロックチェーンの正当性を保証しています。

このように暗号化された情報を使用していることから、現在では「暗号資産」と呼ばれることが増えてきています。

仮想通貨は発行上限が決められている通貨も多くあります。際限なく発行してしまうと、その通貨の価値を下げることにもなります。ビットコインは2,100万枚と上限数が決まっており、インフレを起こさないような仕組みを取っています。

仮想通貨のメリット

仮想通貨には法定通貨にないメリットが多くあります。
・送金が高速に行うことができる
・世界中で価値が統一されている
・通貨の機能がアップデートしていく
・資産価値があがる可能性がある
・銀行などに預けなくても自分で資産を増やすことができる

このようなメリットについて説明していきます。

仮想通貨は送金を高速、かつ安価に行うことができる

仮想通貨,メリット,デメリット
仮想通貨はその種類によっても違いがありますが、法定通貨より高速に送金することができます。送金が早い仮想通貨だと、国内だろうと海外だろうと数秒で送金することができます。

また、銀行で海外送金する場合には手数料が数千円程度かかることが多くありますが、数円程度の手数料しかかかりません。これが仮想通貨の大きなメリットとなります。

ただし、仮想通貨の送金を行う際には全ての履歴がブロックチェーン上に書かれます。ある特定の仮想通貨に大量のリクエストが同時間帯に行われた場合、ブロックチェーンへの書き込みに時間がかかり送金が遅延することがあります。また、手数料も上昇してしまいます。

これでは仮想通貨のメリットが潰れてしまいます。しかし、このようなことがないように仮想通貨は常にアップデートされており、このような問題の解消が予定されている通貨も多くあります。

仮想通貨は世界中で価値が統一されている

仮想通貨は、どこの国で使っても同じ価値として使用することができます。また、日本で仮想通貨を購入し、海外で使うことが可能なのでわざわざ両替する必要はありません。

まだまだ仮想通貨を使用できる店は少ないのが現状ですが、今後仮想通貨の普及によりその数は拡大していくことが想定されています。日本では交通系の電子マネー(SUIKA等)やペイペイなどの電子決済などが現在普及していますが、仮想通貨決済は海外でも使用することができます。

仮想通貨の機能がアップデートしていく

仮想通貨,メリット,デメリット
法定通貨にない特徴として、仮想通貨の機能がアップデートしていく、ということが挙げられます。先ほど手数料や送金スピードの話を紹介しましたが、こちらの問題を解消するためのアップデートが予定されている通貨も多くあります。

セキュリティ面の強化をするアップデートなどもあり、年を追うごとにその通貨の機能がどんどんよいものになっていくことが期待できます。

仮想通貨の資産価値が上がる

仮想通貨で億り人、というニュースなどを見たことはありませんか?これは仮想通貨の価値が一定ではなく、さまざまな要素により価値が上下するためです。
仮想通貨はボラリティ(変動要素)が高い資産であり、簡単に1万円の価値の通貨が1万5千円に上昇したりします。相場の過熱次第で、数倍にもなる可能性があり、大きなメリットの一つです。

その反面、逆も当然のことながら想定され、急激に資産価値が半分になったりもあるため注意が必要です。ビットコインを例に挙げると、2019年9月には116万円であったのが、2019年12月現在、その価格は80万円まで下がっています。高い時に買っていれば資産が減っているかもしれませんが、うまく波に乗れれば資産が倍以上になることも十分あり得ます。

しかし、先のことは誰もわかりませんので、十分に気を付けて仮想通貨を購入しましょう。

仮想通貨は銀行などに預けなくても自分で増やすことができる

日本円は銀行に預けると、金利はかなり低いですが増やすことができます。しかし、仮想通貨はそのような機関に預けなくても自分で持っているだけで増やすことができる種類のものもあります。

自分のパソコン上でマイニングという行為を行うことで、100枚だったものが110枚、120枚など増やしていくことができます。保有している仮想通貨の種類にもよりますが、パソコン一つあるだけで増やすことができるのは、うれしい機能ではないでしょうか。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨はメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。
デメリットは以下のようなことが挙げられます。
・管理をしっかりしないと盗まれることがある
・値動きが激しいため損をすることがある
・詐欺通貨が多くある
これらの点について、説明していきます。

仮想通貨は管理をしっかりしないと盗まれることがある

仮想通貨,メリット,デメリット
仮想通貨は取引所というところで売買を行います。売買を行うと、そのまま仮想通貨を預けておくことができます。しかし、この仮想通貨取引所が盗難被害に遭うことがあります。

これをハッキング被害と呼びますが、日本の仮想通貨取引所ではコインチェック、ザイフ、 ビットポイントなど複数の取引所がこの被害に遭っています。仮想通貨熱が白熱し、取引所の開設スピード重視により機能が足らない状態でサービスを提供していたことや、取引所の運営体制の甘さなどから引き起こされた事件です。

今は金融庁の指導の元、しっかりとした体制が組めないと運営ができないようなご時世にはなっていますが、このリスクは常につきまといます。自分で信頼ある取引所を選ぶ必要があります。

また、取引所だけでなく自分のウォレットに管理することも可能です。取引所が信用できない、という方は自身のウォレットにて保管しておくのも一つの手段ですが、この場合もパスワードが流出してしまったりするとハッキング被害に遭うことが十分に予想されます。

このようなことを十分意識する必要があります。これが一番のデメリットになります。

仮想通貨は値動きが激しいため大損をすることがある

メリットにも書きましたが、仮想通貨はボラリティが大きいことが特徴とされています。これは、大きく儲けることもありますが大きな損をするデメリットがあります。

自分で相場を読めたり、仮想通貨に関するニュースを自分で得られない状態だと、思わぬ損をすることがあります。失っても問題ない余剰資金でのみ、仮想通貨の売買をすることをおすすめします。

仮想通貨は詐欺通貨が多くある

仮想通貨は実は意外と簡単に発行することができます。そのため、資金を投資家などから集めて、そのまま取引所に上場せずに運営が持ち逃げしてしまう、というパターンがあります。

それだけでなく、この仮想通貨に投資しておけば必ず儲かるといった話や、既に上場済みの仮想通貨だとしてもここに預ければ倍になって返ってくる、などという怪しげな案件が多く発生します。

そのような案件の真偽が見分けられないと、これも大損するリスクであり、デメリットになります。簡単に儲かる、といった話はないということを肝に銘じておきましょう。

代表的な仮想通貨を紹介

仮想通貨はそれこそ1500種類以上もあり、毎年新しい仮想通貨が生まれているような状況にあります。その中でも、時価総額が高い仮想通貨は流通量が多く、取引しやすい通貨でもあります。
ここでは代表的な仮想通貨を紹介しておきます。

仮想通貨の王様ビットコイン

一番初めに造られた仮想通貨で、仮想通貨の王様というべきものが「ビットコイン」です。2008年に謎の人物であるサトシナカモト氏が論文を発表し、それに基づきビットコインネットワークが2009年にスタートしました。暗号技術、分散システムといった仮想通貨の代表的な技術を持っていて、仮想通貨と言えばビットコインだと思っている人が多くいるほどです。

仮想通貨取引所では必ずと言っていいほど取り扱いがある仮想通貨で、他の仮想通貨と交換する際にこのビットコインが交換の基軸となっていることも当たり前のようにあります。

スマートコントラクトを搭載した仮想通貨イーサリアム

時価総額が常に上位にある仮想通貨イーサリアムも仮想通貨の代表的な銘柄の一つです。ビットコインにない機能のスマートコントラクトという技術を使用しています。このスマートコントラクト技術を使用し、取引で行われる契約を自動的に実行・保存しています。

dappsと呼ばれる仮想通貨をベースとしたゲームなどでは、このイーサリアムが使用されていることが多くあり、ブロックチェーンゲーマーは常にイーサリアムの価格を注目しています。

日本でも人気の仮想通貨リップル

リップルもビットコイン、イーサリアムと並んで時価総額が高く、有名な仮想通貨です。日本でも人気の仮想通貨であり、リップルを保有している人をリップラーと称することが多々あります。

素早い決済を可能とする通貨で、銀行間送金の機能を担うことを期待されています。

仮想通貨はまだまだこれから

仮想通貨の基礎知識を説明してきました。
実はまだまだ仮想通貨の知識としてはほんの一部の内容ですが、仮想通貨がどのようなものなのかはわかったのではないでしょうか。

これから仮想通貨デビューをしようと思っている方は、十分に調べてから参入することをおすすめします。
仮想通貨は仮想通貨取引所で購入することができます。
まずは国内の仮想通貨取引所を開設して、日本円で仮想通貨を購入しましょう。
ビットコインを購入すれば、海外の取引所で別の仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨はいろいろと言われていますが、まだまだこれからの技術であり、資産でもあります。
今後どのような道に進むのかは未知ですが、普及していくのはこれからだと思います。
十分に調べてから購入するのでも、全く問題はないのでじっくり調べてから購入しましょう。

コメント