仮想通貨取引所CoinExchange閉鎖・リブラ大手企業脱退

CoinExchange,閉鎖 仮想通貨
スポンサーリンク

ついにこの日が来てしまったか・・・というニュース。
CEこと、CoinExchangeが閉鎖のお知らせです。

けっこうショックでした。
それなりに使っていたのと、初めて草コインを購入した取引所だったので・・・。
今回は、CE閉鎖のニュースを始めとした仮想通貨ニュースをお知らせします。

スポンサーリンク

仮想通貨取引所CoinExchangeが閉鎖

2019年10月1日、仮想通貨取引所であるCoinExchangeからTwitterにてニュースが発信されました。

公式HPのニュースはこちらです。

It is with great regret that we must inform the community that the board of directors of CoinExchange.io has decided to close down the exchange.

This is purely a business decision and there has not been a security breach or any other type of incident. Unfortunately it is no longer economically viable for us to continue offering market services. The costs of providing the required level of security and support now outweigh our earnings.

Trading and deposits will be suspended on the 15th of October 2019. Please cease any deposit and trade activity as soon as possible.

The website and withdrawals will remain operational until the 1st of December 2019. We ask that you please remove all funds by this date.

It has been a fantastic journey and we have enjoyed playing a part in the crypto currency space. We thank everyone that has traded or listed a currency with us.

So sadly it is goodbye for now however we may return in the future if market conditions change.

CoinExchange.ioの取締役会が、取引所の閉鎖を決定したことをみなさんにご報告しなければなりません。非常に残念です。 これは純粋にビジネス上の決定であり、セキュリティ違反やその他の問題は発生していません。残念ながら、市場サービスを提供し続けることは経済的に不可能です。必要なレベルのセキュリティとサポートを提供するためのコストは、収益を上回ります。 2019年10月15日に取引と入金は停止されます。できるだけ早く入金と取引を中止してください。引き出しは2019年12月1日まですることができます。この日までにすべての資金を引き出してください。 これまでの道のりは私たちにとっては素晴らしい旅で、暗号通貨の分野での役割を楽しみながら果たしたと思っています。通貨を取引または上場させているすべての人々に感謝します。 残念ながらお別れです。しかし、市場の状況が変わったならば、私たちは帰ってくるかもしれません。

CoinExchangeといえば、2017年から2018年にかけて多くの国産仮想通貨が上場した取引所です。
「1里上場」でこぞって上場が相次いだ取引所として知られています。
1里上場とはビットコインの最小単位のsatoshiからつけられた名前です。

この1satoshiを最初の価格設定として取引所に上場します。
その後は市場の動向に価格を委ねる方式です。
最小単位から購入できるので、多くの人に購入のチャンスができます。
また、運営側も最小単位で売ることにより、多くの枚数が購入されることが期待でき、大きな資金を得ることができます。

ここから、「上場ゴール」という言葉も生まれました。
これは、上場して運営が資金を稼ぎ、そのままプロジェクトが終了するケースを指します。
それだけ一度に儲けることができたのです。

一方で、CoinExchangeには「CEクオリティ」と呼ばれる問題に、各運営が悩まされたことでも有名です。
これは、CEサイドが約束を守らないことが日常茶飯事で、決められた上場日に上場できない、勝手にDOGE建てにされた、などという問題が多く起こりました。

国産で有名なNanjもこの問題に直面しております。

上場タイミングが約束していた時間より予定外にも早まってしまいました。
しかし、Nanjは完売という大成功を収めました。
この成功により、1里上場が流行しました。

独自通貨の国産コインのVIPSでも、CEクオリティの洗礼を受けています。
というのも、CEのエンジニアが独自仕様に耐えられないことが当日に判明し、予定時刻よりも遅れての上場となりました。

このようなCEクオリティの事件をいくつも起こしたのがCEですが、国産コインの一つの目標にもなっていました。
その後、SKILLやYUKI、IDOLなどの国産通貨が上場しました。

しかし、このCEしか上場していない仮想通貨は現在葬式ムードです。
唯一の上場先であるCEが閉鎖すれば、売買することは不可能になるためです。

独自のコミュニティを展開するALISでも、CEの閉鎖は大きく取り沙汰されています。
ALISの場合、クリプトピアがハッキング被害で破綻した今、YobitとCEしか上場先がありませんでした。
しかし、Yobitは運営元の情報が記されておらず、著しく信頼が低い取引所です。
そこでCEが閉鎖となれば、悲観的にならざるを得ないでしょう。

CEはハッキング等で閉鎖したのではありません。
市場が上向きになればもしかしたら戻るかも、という内容でニュースを締めくくっています。
もしかしたら、今後ビットコインだけでなくアルトコインも価値を戻すようであれば、復活するかもしれませんね。

CEでは、2019年10月15日に取引と入金は停止、引き出しは2019年12月1日となっています。
CEに仮想通貨を預けている人は早めに引き出しましょう。

米決済大手PayPalが仮想通貨プロジェクト「リブラ」から脱退

10月5日、米決済大手PayPalがリブラプロジェクトから脱退することが報じられました。
3日にワシントンで行われたリブラが世界の規制当局の圧力にどう対処していくか、という会議に欠席した唯一の企業であることが報じられてもいました。

PayPalはリブラプロジェクトからは脱退するものの、Facebook社とは今後もビジネスパートナーとして協力を続けていく、との声明を発表しています。
PayPal以外も、VISA、Mastercardなどの決済大手でリブラプロジェクトに参画している企業もリブラ協会へ正式にサインすることを躊躇っている、とのことです。

リブラはFacebookが起こした仮想通貨プロジェクトで、世界中から注目を浴びています。
多くの企業がこのプロジェクトに興味を持っている反面、各国から規制準拠の要請を受けたり、禁止も視野に入れた見解を受けています。

リブラプロジェクトは2020年から開始される予定です。
仮想通貨界隈ではこのリブラプロジェクトが与える大きな影響について、期待をしています。
今後のリブラプロジェクトの行く末に、引き続き注目が集まります。

エグリプトがゲーム画面の一部を公表

日本では今「マイクリと呼ばれるゲームが大ブレイク中です。
その名前を聞いたことがない、という人も多くいるでしょう。
確かに、世間的にはさほど有名ではないかもしれません。

しかし、ブロックチェーンゲームのプレイヤーであれば誰しも知っているゲームタイトルです。
このマイクリに続けとばかり、いくつものブロックチェーンゲームが開発・リリース予定です。
その中でも特に期待されているのが「エグリプト」です。

2019年春にリリース予定でしたが、開発の遅れからか2019年内リリース予定と発表されていました。
しかし、かわいらしいキャラクターがリリース前から既に一部で話題になり、リリースに期待を寄せられています。

そんな中で、一部画面が公表されました。
「おまかせ」と記載があるのはオートバトルがあるのでしょうか。
全てがオートバトルなのか、もしくは自分でプレイと分岐なのかはまだ発表はされていません。
どちらが良いと思いますか?

以前出ていた情報だと、ブラウザアプリではなくスマホアプリではないか、と言われています。
まだまだ情報が出ていないので、今後の情報が気になるところですね。
マイクリのようなゲームが次々と発表、リリースされ、日本のブロックチェーンゲームのみならず、仮想通貨を盛り上げてほしいものです。

コメント