コインチェックがステラ上場を発表!BITMEXでは情報漏洩が?

ステラ,上場,コインチェック 仮想通貨
スポンサーリンク

最新の仮想通貨ニュースをお届け!
今日は話題になった二つのニュースを紹介します。
一つはステラ(XLM)の上場ニュースです。
日本の仮想通貨取引所に新規で上場することが決まりました。

もう一つは、BITMEXの情報漏洩のニュースです。
こちらは仮想通貨FXをやっている方は使用していることが多いので、注意が必要です。

スポンサーリンク

ステラ(XLM)が仮想通貨取引所コインチェックに上場予定

2019年11月1日、日本の仮想通貨取引所コインチェックはステラ(XLM)の取り扱いを発表しました。
日本の仮想通貨取引所で新規銘柄が上場するのは、2017年12月4日、実に22か月ぶりです。
前回追加された銘柄はコムサ(COMSA)でした。

ステラはこのニュースを受けて、期待からか価格が上昇しています。
上場時には、さらなる上昇も考えられます。
取り扱い開始日は2019年11月12日12時頃の予定です。

ステラ新規上場に寄せられる期待

コインチェックの元代表である和田 晃一朗氏はこのようにTwitterで発言しています。

同氏はマネックスグループのコインチェック買収に伴う新体制になった際、代表を辞任していますが、退職はしていないようです。

日本の金融庁では信頼度・安全性に優れた仮想通貨を「ホワイトリスト」として登録していることが推測されています。
というのも、このホワイトリストという言葉は仮想通貨に関わる人たちの造語で、正式名称ではありませんが、金融庁に認可された仮想通貨のみが、国内の仮想通貨取引所に上場できることが可能となっているため、その基準に達したものをホワイトリストと呼んでいます。

ホワイトリスト入りできる条件は、金融庁は公開はしていません。
仮想通貨の特性、安全性などが考慮されているというのが一般認識で、必要以上に匿名性が高くないことや技術がオープンになっていること、プロジェクトが信頼できることなどがホワイトリスト入りしやすいというのが定説です。

金融庁では仮想通貨の安全性や将来性などについて、議論されていると思われます。
その中で、この新規上場が行われるということは、ある程度金融庁内でもこのスキームが整ったということを和田氏が述べています。
今後も、他の新規仮想通貨が国内取引所に上場していく可能性は大いにあります。

仮想通貨ステラ(XLM)とはどのような特徴を持つのか?

ステラについて、簡単におさらいしておきましょう。
仮想通貨名はステラ(Steller)、通貨単位はルーメン(XLM)です。
元リップルの開発者などが中心になり作られ、2014年7月31日に公開されました。

リップルと特徴は似ており、高速で処理が可能であり送金に特化した仮想通貨となります。
リップルはXRP Ledger(XRP台帳)で発行されており徐々に流通総数を減少させていく設計ですが、XLMは毎年の発行枚数が設定されており、流通量が減少しない設計になっています。
この理由は、ステラは個人間の決済での利用を重視しており、価格が高騰しすぎると個人では扱いにくくなってしまうために流通量が一定数を保たれる設計としています。
一方、リップルは大手金融機関をターゲットとしており、使用用途がステラとは異なっています。

ボラリティ(変動性)が高い仮想通貨ですが、このように価格が大きく上下しない設計であることは、ホワイトリスト入りしやすい要因の一つなのかもしれません。

ステラは2019年11月3日現在、仮想通貨時価総額10位で、7.7円となっています。
扱いのある取引所はBinance、BCEX、Upbit、CoinEgg、BitMartなどがありますが、一番流通量の多いのはBinanceですね。

ステラを購入したい方は、バイナンスを開設しておいても良いでしょう。
今のうち購入し、コインチェックでの扱いが始まったら売りぬく、などということも可能です。

バイナンスへのリンクはこちらです。

binance

世界一の仮想通貨FX取引所BITMEXで情報漏洩

ステラ,上場,コインチェック
こちらも大きく取り沙汰されていますが、2019年11月1日、世界一の仮想通貨FX取引所であるBITMEXでメールアドレスが大量漏洩する事故が起こりました。
こちら、自分にもメールが来ていましたので確認したところ、大量のメールがCCで送信されていたことをわかりました。

本来、メールの一斉送信をする際はBCCで送ることが一般的です。
BCCで送信すると、同じメールを受け取ったとしても誰に送られたかはわからないようになっています。
しかし、CCで設定して送ると同じメールが誰に送られたかがわかってしまいます。

本来は専用のソフトを使用して送信し、その際にはこのようなリスクを防ぐように設計されています。
しかし、今回はこのようなソフトを使用していなかったのではないか、という見方がされています。

メールアドレスが公表されると、どのような影響があるのでしょうか?
BITMEXにログインする際は、メールアドレスとパスワードを使用して認証し、ログインすることができます。
この二つのうち一つがわかってしまったために、後はパスワードさえ判明してしまえばハッキング被害に遭う可能性が出てきます。
また、メールアドレスがばれたということは使用されているメールアドレスが多くの人にわかってしまったということ。
悪意あるメールがこのメールアドレスに送られることもあり得ます。

悪意あるメールとは、特定のリンクが記載されたメールを送信し、そのリンクをクリックしてしまうとPCやスマホの内部情報が抜き取られてしまう可能性があります。
さらに、同じメールアドレスを使用して他の取引所に登録している場合、同じパスワードを使用していればこの取引所にアクセスされてしまい、所持している仮想通貨が別の場所に勝手に送金されてしまうリスクがあります。

このような被害を防ぐために、一番は登録しているメールアドレスを変更することです。
しかし、これはなかなか骨の折れる作業です。
大半の人が複数の取引所に登録していると思われますので、全て変えるには労力がかかります。
とはいえこれができる方はぜひやっておきましょう。

なかなかそこまでの労力がかけられないという方は、必ず2段階認証の設定を行っておきましょう。
メールアドレス、パスワードがわかってしまっても、この2段階認証を行っておくことにより、悪意ある行為を防ぐことができます。

BITMEXはこの件について、どのように対応するのかは現段階では発表していません。
今後の動向に注目が集まっています。

コメント