ブリュードッグ・エルビスジュースは爽やかなグレープフルーツIPA

ブリュードッグ,エルビスジュース ビール
スポンサーリンク

先日久しぶりにブリュードッグのエルビスジュースを飲んで、やっぱりおいしかったので今回はこれを紹介しようと思います。
エルビスジュースはグレープフルーツフレーバーのIPA。
少し寒くなってきましたが、暖かい部屋で飲むビールもおいしいので興味がある人は試してみてくださいね。

スポンサーリンク

ブリュードッグが造り出したエルビスジュースとは?

ブリュードッグから販売されているエルビスジュースはグレープフルーツフレーバーのIPAです。
基本情報は以下の通り。

・商品名:エルビスジュース
・アルコール度数:6.5%
・タイプ:グレープフルーツIPA
・IBU:40
・使用ホップ:Magnum, Amarillo, Simcoe, Citra, Mosaic

5種類のホップに加えて、グレープフツールピールをバランスよく使用しています。
ブリュードッグの創業者であるジェームズ・ワットは「ビールファンへの挑戦」と表現しています。

ブリュードッグのエルビスジュースのテイスティングノート

ブリュードッグ,エルビスジュース
公式ページには、このように記載されています。

エルビスジュース グレープフルーツIPAは、ホップとシトラスのフレーバーの研究を重ね、5種のホップとグレープフルーツピール(皮)を絶妙なバランスで組み合わせて造り上げた、フルーティなIPAです。

香りはグレープフルーツ、タンジェリンオレンジにキャラメル。味わいはホップ由来のフローラルで松脂のような苦味を、爽快なグレープフルーツのシトラスフレーバーが包み込んでいます。苦みはミディアムで、アフターに現れるホップビターが切れ上がりを良くし、6.5%ながらグビグビと飲めてしまいます。

ここに書いてある通り、本当に6.5%もあるの?と思うくらい、グビグビ飲めてしまいます。
IPAらしい苦みは最初にくるものの、グレープフルーツの爽やかな香りと味が後からやってきます。
まさに、書いてある通りグレープフルーツIPAですね。
どちらの特徴もしっかり前面に出ています。

IBU40は、同社がベースラインとして販売しているパンクIPAと同じIBUとなります。
しっかりとした苦みがあるのに、飲みやすいというIPA。
IBU40がそれをうまく表現しているのでしょう。

ブリュードッグは2007年にジェームズ・ワットにより操業されました。
パンクIPA及びブリュードッグについてはこちらにまとめています。

パンクIPAはクラフトビール界の異端児が造る本当に美味いビール
ブリュードッグが造るパンクIPAというビールを知っていますか?パンクIPAといえば、クラフトビール好きな人であれば知らない人がいない、という超有名ビールでありながら、ビール初心者から上級者まで幅広くおすすめすることができるビールで、かつ常識外れのビールです。

 

コメント