パンクIPAはクラフトビール界の異端児が造る本当に美味いビール

ブリュードッグ,パンクIPA ビール
スポンサーリンク

パンクIPAというビールを知っていますか?
ブリュードッグというスコットランドのクラフトブルワリーが造る、今では超有名なビールです。
クラフトビール好きであれば知らない人がいない、というレベルで有名なレベル。
このパンクIPAを紹介します。

スポンサーリンク

ブリュードッグ・パンクIPAの特徴は?

ブリュードッグから販売されているパンクIPAはクラフトビール初心者の方から上級者の方まで、幅広い人におすすめできるビールです。
グラスに注ぐと透明感のクリアなゴールデンカラーで、香りはトロピカルフルーツやグレープフルーツのようなジューシーな香りがしっかりと香ってきます。
飲み口は香りそのままのフルーティな味、麦芽由来の甘さ、そしてしっかりとしたホップの味を感じることができます。

ドライホッピング製法を使っており、瑞々しいホップの香りが特徴の一つです。
ドライホッピングは発酵終了の熟成段階で、ホップを直接投入するやり方です。
この製法を行うことにより、フレッシュなホップの香りをつけることができます。

パンクIPAではコスト度外視で造られるビールであることも有名です。
大手のビールと比較すると、原料の麦芽量を2.5倍、ホップは40倍もの量を使用しています。

このホップを大量に使用することにより、大手のようなキレのある苦みではなく、コクを感じる芳醇な、それでいてフルーティな苦みを感じることができるビールとなっています。

ブリュードッグ・パンクIPAの基本情報

ブリュードッグから販売されるパンクIPAの基本情報は以下の通りです。

商品名:パンクIPA
アルコール度数:5.6%
IBU:40
ビアスタイル:IPA
原産国:スコットランド
使用ホップ:Chinook, Simcoe, Ahtanum, Nelson Sauvin, Amarillo, Cascade

6種類のホップをバランスよく使用し、独特な香りと味を生み出しています。

IPAはインディア・ペール・エールの略称です。
18世紀の大航海時代、イギリスから遠くインドに航海する際に、長い船旅でもビールが腐らないように抗菌効果を持つホップを大量に投入したビールを造ったことが始まりです。
このインドに航海したことの名前をとり、ホップを大量に使用したビールをインディア・ペール・エールと呼びます。

パンクIPAを造ったブリュードッグとは?

このパンクIPAを造ったブリュードッグを紹介しておきます。
ブリュードッグは2007年、スコットランドの港町であるフレイザーバラで誕生しました。
創業者のジェームス・ワットはイギリスのオックスフォード大学出身の弁護士。

ワット氏はスコットランドやイギリスのビール業界が商業的かつ保守的であることに不満を持っており、それなら自分で常識を破るようなビールを造ってやろう、と考えたのがブリュードッグの最初です。
大学の友人であり、醸造と蒸留を学んだマーティン・ディッキーと一緒に「自分達の飲みたいものを造る」ということをコンセプトに、活動をスタートしました。

自宅の倉庫でホームブリューイングを行っていましたが、ある日世界的有名なビール評論家であるマイケルジャクソン氏のもとに、自分達の造ったビールを持ち込み試飲してもらいました。
その際持ち込んだのは、スコッチウイスキーの樽で長期熟成させたエールビールでした。

マイケルジャクソン氏はこのビールを飲んで、彼らに「昼の仕事をやめて、ビールに専念しなさい」と告げました。
この言葉をきっかけに、ブリュードッグが始まりました。

常識を破るビール造りはパンクIPAに通じています。
音楽ジャンルのパンクがポップを吹き飛ばしたように、既成概念で造られているイギリスビールを吹き飛ばす、という意味を込めてパンクIPAと名づけられました。

そのビール造りはパンクIPAだけにとどまらず、多くの革新的なビールを生み出しています。

例えば、ブリュードッグから販売されているエルビスジュースについて、日本の販売元であるウィスク・イーではこのように紹介されています。

エルビスジュース グレープフルーツIPAは、ホップとシトラスのフレーバーの研究を重ね、5種のホップとグレープフルーツピール(皮)を絶妙なバランスで組み合わせて造り上げた、フルーティなIPAです。

香りはグレープフルーツ、タンジェリンオレンジにキャラメル。味わいはホップ由来のフローラルで松脂のような苦味を、爽快なグレープフルーツのシトラスフレーバーが包み込んでいます。苦みはミディアムで、アフターに現れるホップビターが切れ上がりを良くし、6.5%ながらグビグビと飲めてしまいます。
とてもジューシーなこのグレープフルーツIPAは、創業者のジェームズ・ワットも「ビールファンへの挑戦」と表すほどです。

パンクIPAはどこで飲めるのか

パンクIPAはすでに紹介した各種ECサイトや大手スーパー、酒屋などで購入可能です。
六本木にはブリュードッグ直営のオフィシャルビアパブ「ブリュードッグ六本木」がありますので、そちらでも飲むことは可能です。
また、ビアバー各所でもタイミング良ければタップで飲むことができます。

コメント