人の決断を邪魔するバイアスとは?ネガティブ思考脱却方法を紹介!

バイアス,解決 バイアス
スポンサーリンク

「毎日頑張ってるけど、なんだかうまくいかないなぁ」
「なんで自分はいつもこうなんだろう・・・」

生活している中で、このようなことを考えたことはありませんか?
ポジティブに生きようとしても、ついネガティブな思考が自分の中に思い浮かぶこと、ありますよね。
それ、実は解決できるんです。

今回は、どのようにしたら問題が解決できるのか、また立ちはだかる壁をどのようにして越えていけるのか。
そんなことを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

悩んでいることを解決するにはまず自分を知ることから

自分がネガティブな思考に陥る原因を考えたことはありますか?
実はそれ、理由があるんです。

心の根底には「どうせ~しても無駄だから」とか、「失敗したら痛い目にあうし、やらないほうが良い」と思っていることが多々あります。
これ、実は原因は「バイアスにあるのです。

では、バイアスとはなんでしょうか?
バイアスは英語のbiasからきており、「先入観」「傾向」「偏見」という意味があります。
「君の言葉はバイアスがかかっているよ」などといったように使います。

バイアスにはどのようなものがあるのでしょうか。
例えば、「都合の良い統計を信じてしまう」というバイアスがあります。
商品の企画を考える際、アンケートを取ったとします。
ある程度のアンケートの結果を見たところ、「女性はピンク色が好きだ」という結果が見えてきました。
この時、十分な母数が集まっていないにも関わらず自分の意見に近い結果になったため、それを総意であると判断してしまうことがあります。

簡単なバイアスのチェックをしてみましょう。
次の1から20の項目のチェックリストがあります。
これに、自分が当てはまると思うものをピックアップしてみてください。
あまり深く考えず、直観で良いです。

それではどうぞ。

1.初対面で嫌われたと思いがち
2.SNSで他人をうらやましく感じる
3.自分の価値観で他人を決めつけがち
4.見た目で相手の性格を決めつける
5.気づかないうちに他人を見下す
6.ネガティブ思考になりがち
7.重要なことを後回しにする
8.今の状態を保ちたいと思う
9.受けを狙った行動をとりがち
10.自分を平均より優れていると思う
11.年齢を理由に新しいことに取り組めない
12.ネットのレビュー数の多さで商品を選ぶ
13.金儲けをしている人を卑しいと思う
14.他人のミスや偶然の産物を好ましく思う
15.好奇心が高まりすぎて危険を冒す
16.相手に正直な気持ちをぶつけるのを恐れる
17.他人の親切をプレッシャーに感じる
18.周囲に感謝の気持ちを伝えるのが苦手
19.「こうなるのはわかっていた」と思うことが多い
20.宗教やスピリチュアルにはまりやすい

—————————————————————-

できましたか?

それでは、それぞれの項目にどのようなバイアスがかかっているのかを見ていきます。

1.初対面で嫌われたと思いがち=好感度ギャップ
2.SNSで他人をうらやましく感じる=隣の芝生は青く見えるバイアス
3.自分の価値観で他人を決めつけがち=価値フィルターバイアス
4.見た目で相手の性格を決めつける=体型バイアス
5.気づかないうちに他人を見下す=潜在的差別バイアス
6.ネガティブ思考になりがち=ネガティブバイアス
7.重要なことを後回しにする=単純緊急性効果
8.今の状態を保ちたいと思う=現状維持バイアス
9.ウケを狙った行動をとりがち=スマイルシーキングバイアス
10.自分を平均より優れていると思う=隠れナルシストバイアス
11.年齢を理由に新しいことに取り組めない=エイジズム
12.ネットのレビュー数の多さで商品を選ぶ=人気優先バイアス
13.お金儲けをしている人を卑しいと思いがち=嫌儲バイアス
14.他人のミスや偶然の産物を好ましく思う=誤謬(ごびゅう)選好バイアス
15.好奇心が高まりすぎて危険を冒す=好奇心リスク
16.相手に正直な気持ちをぶつけるのを恐れる=事実隠ぺいバイアス
17.他人の親切をプレッシャーに感じる=互恵不安バイアス
19.周囲に感謝の気持ちを伝えるのが苦手=感謝ギャップ
19.「こうなることはわかっていた」と思いがち=後知恵バイアス
20.宗教やスピリチュアルにはまりやすい=直感バイアス

それぞれこのようなバイアスがかかっている可能性があります。

バイアスをどのようにして解決していくのか?

バイアス,解決
自分がどのようなバイアスがあるのか、わかったとは思います。
それではこれをどのようにして解決していくのでしょう?

一番大事なのは、「客観性」です。
バイアスにかかっているということは、自分自身を客観的に見ることができていない、ということが挙げられます。

例えば、一番の好感度ギャップです。
ハーバード大学が行った実験があります。
初対面の会話したときに相手は自分の事をどう思ったか確認するということをしました。
その結果、大半の人が「自分は好かれなかった」と答えたのです。
逆に相手に大しては好感度を持っている人が多かったそうです。

これは、実際は好感を持っている人が多いにも関わらず、自分自身で好感が持たれなかった、と決めつけているということになりますね。
これはバイアスが邪魔をして、正常な判断ができなかったことがわかります。

このように勝手にバイアスが邪魔をして判断することにより、自分自身で生きづらさをつくってしまっていることが見えてきます。

それではこれをどのようにして解決していけばよいのでしょうか?

バイアスを除去するサービス「コーチング」

バイアス,解決
前述の好感度の例ですが、実はあるサービスに記載されたものを引用しています。
アイン」という会社が行っているコーチングというサービスがあり、これに書いてありました。

ただし、アインはコーチングを行っていますがけっこうお高いんですよね。
なので、自分はこのサービスは使っていません。

ではどこからこのような情報を入手したのか?
それはアインが発信しているメルマガです。

メルマガは無料で登録できますが、これが意外と自分の気づきになることが多いのです。
2020年3月25日に来たメルマガをそのまま紹介します。

今日は、
【確率思考】についてお話しします。

【確率思考】とは、
目の前の問題について、

・○○でない確率はどれぐらいだろう?
・○○である確率はどれぐらいだろう?

と考えてみるテクニックです。

例えば、世の中には、
たくさんのダイエット方法がありますよね。

その中から、どれを選んでいいか、、、

・食事制限
・糖質制限
・激しい運動療法

様々なダイエット法がありますが、
ここで多くの人は、
テレビやSNSで話題になったばかりの
テクニックを選ぶ傾向にあります。

このダイエット法が効く証拠はあるのか、
他のテクニックと比べて何が違うのか、など
大事なポイントを確かめず、
パッと頭の中に浮かんだ情報を
なんとなく採用してしまうのです。

これは【利用バイアス】という心理現象です。

人間の脳は楽をしたがる性質を持つので、
頭の中に真っ先に浮かんだものに惹かれやすく
たとえ、大した根拠がなくても
楽しいに違いないと思い込んでしまいます。

しかも頭に最初に浮かんだ情報であれば、
情報源は何でもいいのです。

テレビやSNSで【トマトダイエットがいい】
と聞いたばかりならその情報を採用しますし

身の回りの人で
ジョギングで痩せた方がいれば
そちらを使うかもしれません。

一番初めに思いついた情報は
それだけで僕たちの意思決定に
多大な影響を及ぼしてしまいます。

そこで役立つのが
この【確率思考】です。

またダイエットの例で考えてみましょう。

もし最初にジョギングで痩せようと思ったら
すぐに飛びつかず一旦次のように考えます。

「ジョギングで痩せられない確率は
実際のところは、どれぐらいだろう?」

ここで
本当に正しい確率が分からなくても
全く問題はありません。

頭に質問を浮かべた時点で
あなたの脳には、

「毎日ジョギングしても痩せない知人がいた」
「運動の消費カロリーを調べてみようかな」

などの気持ちが湧くはずです。

この気持ちが
客観的に情報を見つめる視点を生み
バイアスから逃れやすくしてくれます。

【確率思考】の効果は、
多くの研究で認められています。

重要なのは
頭に浮かんだ情報にすぐ飛びつかず
一旦立ち止まって現実的な数値に
目を向ける癖をつけることです。

今日から、
何か頭に思いついて飛びつきそうになったら

・○○でない確率はどれくらいだろう?
・○○である確率はどれぐらいだろう?

と頭に思い浮かべられるように
習慣化していきましょう。

そうすることで
正しい判断ができるようになり、
客観性が身についていきます。

ぜひやってみてくださいね。

どうですか?
ダイエットをやったことがある人であれば、これは確かに自分も経験あるな・・・と思うのではないでしょうか?
このようなちょっとした気づきを毎日メルマガで届けてくれます。
もちろんメルマガは無料です。
前述の20項目のチェックリストも、メルマガで送られてきました。

そしてアインHPには「メルマガだけで効果が出せる人はいます」と記載があります。
無料で気づきを得られるのであれば、やってみたほうが良いとおもっています。
自分がなぜそう思ってしまっているのかを、科学的に解決することができます。

アインで行っているコーチングは精神論などではなく、科学的根拠に基づいたものです。
そして、自分を客観的に正しく見ることができる人は15%程度しかいないため、多くの人が何かしらのバイアスにかかっていることがわかっています。

少しでも「なんだかうまくいかないなぁ」「ついネガティブになってしまうなぁ」などと思っている人には特におすすめです。
登録はこちらから簡単に行えますよ!
もしも嫌になったら解除すれば、それ以降は来なくなります。

アイン公式ページ

コメント