9月に新発売されたビール2種類を紹介!桜餅とりんごのビール?!

新発売,ヤッホーブルーイング,サンクトガーレン ビール
スポンサーリンク

9月ももう終わりますね。
今月新発売されたビールを二つ紹介しておきます。
どちらも個性的なビールですが、女子ウケするビールです。
ビール好き女子はチェック必須ですよ!

スポンサーリンク

SORRY SAKURA MOCHI STOUT

ヤッホーブルーイングから2019年9月19日発売されたのが「SORRY SAKURA MOCHI STOUT」。
ソーリーと名前がつけられたソーリーシリーズの第3弾です。

このソーリーシリーズ、実は日本では入手困難。
というのも、アメリカへの輸出専用ビールなのです。

2016年に第1弾の「SORRY UMAMI IPA」が販売されました。
このSORRY UMAMI IPA、鰹節が使用されたビールで日本らしさをアピールしました。

第2弾は2019年4月に発売された「SORRY NIPPON CITRUS ALE」。
こちらはゆずとあら塩が使用されたビールで、第1弾よりも輸出量を3倍に増やしています。

どちらも「和のクラフトビール」をコンセプトとして作られており、ソーリーとつけられたのは既存のビアスタイルや消費者の好みに捉われず自分たちの作りたいものを作るという姿勢の「好みなんて聞いてないぜ!ごめんね!(ソーリー)」というところからきています。

そして、第3弾のSORRY SAKURA MOCHI STOUTはその名の通り桜餅をイメージして作られたビールです。
桜餅特有の香りを表現するために塩漬けした桜の葉を使用し、同じ香り成分を持つシナモンを使用して桜餅の香りを引き立たせています。

スタウトの中でもデザートスタウトと分類しています。
スタウトは、下面発酵で作られた黒ビールです。
同じ黒ビールのポーターよりアルコールが強めの種類となります。

このデザートスタウトではデザート感を出すために白玉粉とオーツ麦を使用し、餅のようなとろりとした口当たりを表現。
さらに、モルト由来の甘みが残る酵母を使用することであんこのような甘さを作り出しました。

このSORRY SAKURA MOCHI STOUT、飲んでみたくないですか?!
しかし、先に触れたようにこれは輸出専用ビール。
日本ではなかなか手に入りません。

飲みたい方は、よなよなエール公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」各店に行きましょう。
青山・赤坂・神田・吉祥寺など東京各所の店舗で飲むことが出来ます。

また、ネットショップで手に入れることもできますが、いつ売り切れるかわからないので、試してみたい方は早めに購入をおすすめします。

ヤッホーブルーイングでは10月に「かえる君ビール」と親しまれている、「僕ビール、君ビール」のビールが新発売されます。
こちらもYONA YONA BEER WORKSで先行開栓される予定です。
また機会があればご紹介しようと思います。

アップルシナモンエール

次に紹介するのは、9月26日に新発売のサンクトガーレン「アップルシナモンエール」です。
新発売なのですが、こちらは毎年季節限定で出荷されているビールとなります。
とはいえ、毎年ビールの出来具合は変わり、味にも変化があるため新発売、と表現させていただきます。

サンクトガーレンはフレーバービールが得意で、多くのフレーバービールを造っています。
このアップルシナモンエールで使われているのは、もちろんりんごです。

りんごを一日かけて500個を焼き上げ、タンク1本分のビールを仕込みます。
このタンクから、小瓶約3000本分のビールが作られます。
このビールを造っている際、工場はアップルパイを焼いているような香りに包まれるそうです。

このアップルシナモンエールの気になる味ですが、シナモン風味の白い泡、焦がしたモルトを使用由来のコクの深い甘味と共に、りんごのほのかな酸味、そしてメープルシュガーの香ばしい甘みといくつもの表情を見せます。
ビアスタイルとしてはフルーツビールで、ビールのアップルパイともいえる仕上がりです。

ホットビールとしても楽しめるビールです。
作り方はこちらです。

■材料(マグカップ1杯分)
アップルシナモンエール…1本
りんご 8分の1個
シナモン 2分の1本 ※手で折っておく
クローブ 2~3個
角砂糖  1個 ※量は好みで調整を。蜂蜜などでもOK

■作り方
1、りんごは薄くスライスします。鍋に全ての材料を入れ、ビールをマグカップ1杯分 (約200cc)注ぎます。弱火で少しかき混ぜながら温めます。

2、最初ビールは少し泡立っていますが、だんだん泡がなくなってきます。泡が無くなって、鍋の周りが少しフツフツしてきたら完成です。(沸騰させる必要はありません)

樽生は10月に行われる横浜オクトーバーフェストなどで楽しむことが出来ます。
近くにクラフトビアバーがある方は、ぜひチェックしてみてください。

ボトルはハロウィン限定ボトル、クリスマス限定ボトルも販売されています。
イベントで使うのもおすすめですよ。

サンクトガーレンではボジョレーヌーボー解禁日と同日に、麦のワイン「エルディアブロ」が解禁されます。
こちらも時期になったら紹介したいと思います。

それでは酔い一日を!

コメント