ビールを寝かせておいしくする?どんなビールがおすすめなの?

ビール,寝かせる ビール
スポンサーリンク

ビールを寝かせるとおいしくなるって知ってますか?
ビールなんて、寝かせて飲むものじゃないでしょ?と思いますよね?

実はビールも寝かせるおいしい種類のビールがあります。
どんなビールなんでしょう?
また、寝かせるとどうなるのか?

少し今日は軽めに書いていきます。
(今日はハイボール×2とストロングゼロを飲んでます)

スポンサーリンク

お酒を寝かせるってなに?

お酒を寝かせる、というのを聞いたことがありますか?
お酒を熟成させるのは一定期間樽の中などで寝かせる必要があります。

ただし、寝かせるお酒は一般的には蒸留酒。
そして、基本的には樽で寝かせることが熟成させることとなり、自宅で寝かせてもあまり意味がありません。

例えばウィスキー。
ウィスキーは大抵が最低限10年熟成させます。
少し前から若いウイスキーが流行りで8年熟成というものもありましたが、多くは最低10年~12年樽の中で熟成させます。

樽の中で寝かせることにより、樽の木の成分がウイスキーに馴染んでいきます。
これがウイスキーのおいしさを作り出しているのです。

ビールを寝かせるとは?

それではビールを寝かせるとは一体どういうことでしょうか?
このへんは、自分の経験則でしか書けないので、あっているかわかりません。
が、自分の経験だからこそ正しいと言えることが書けると思います。

ビールを寝かせるのはどのようにすれば良いでしょうか?
それは一般的なお酒と同様に、家の中の冷暗所で保管しておくことです。
もう少し具体的にいうと、日光が当たらない、気温変化がさほど激しくないところに保管しておく必要があります。

ウイスキーなどは樽の中で熟成しますが、ワインなどは瓶内熟成されます。
そして、ビールも瓶内熟成に近いものが行われるということになります。
近いもの、といったのは、これを熟成というべきなのか判断がつかなかったからです。

実際に味に変化があるのですが、これが熟成というべきなのかが専門家ではないのでわからず。
そのため、この表現に落ち着きました。

ビールを寝かせるとどんな味になるのか?

では、ビールを寝かせるとどのような味になるでしょう?
その前に、寝かせるビールの条件を書いておきます。
缶ビールはNGです。
缶のアルミなどが腐食する可能性があるからです。
そのため瓶ビールを選びましょう。

また、アルコール度数が高いビールを選ぶ必要があります。
これは、ビールを熟成させるとアルコール度数が落ちるためです。
(これはそのような感覚がする、というだけで数値を計ったわけではありません)

そして、寝かせるとどんな味になるかというと、角が取れて飲みやすくなります。
また、ホップが強いビールを寝かせると、香りが強くなりつつも、ホップの香りがとてもやさしい香りになります。

どれくらい寝かせればいいの?

どのくらい寝かせれば良いかというと、1年でも差が出ますが、3年くらい寝かせると格段に味の変化が出ます。
なかなかすぐに飲めないですが、それがまた楽しいものです。
まずは3年寝かしてみて、その味を試してみましょう。
それだけで驚くほど味が変わるはずです。

もしもこれに慣れてきたら、もう少し長く寝かしてみましょう。
理想は6年~8年くらいをおすすめします。
これだけ寝かせると、一般で売られている状態と相当な味の差が生まれます。

また、寝かせすぎるとアルコールが飛び過ぎてしまい、おいしくなくなります。
10年までが目安かと思います。

どんなビールを寝かせれば良いのか?

それでは寝かせるのにおすすめなビールを紹介します。
まずは鉄板なのがシメイの青。
シメイとは、ベルギーのトラピストビールの1種類で、さらに青。
なぜかというと、シメイの中でも青が一番度数が高く、なおかつ瓶にヴィンテージの記載があるからです。

ヴィンテージとは、瓶詰した年のことをいいます。
だいたいその年の秋~冬くらいに瓶詰されたものが発売されます。
本日は2019年8月23日なので、現在では2018年ヴィンテージのものが販売されていると思います。

もしもヴィンテージが記載のないビールを選んだ時は、マジックで購入した年を書いてしまいましょう。
それが一番間違いのないやり方です。

日本のクラフトビールでおすすめなのが、サンクトガーレンのエルディアブロ。
これはボジョレーヌーヴォーと同じ日に解禁されるビールです。
そのため、これが売り出される日を「解禁」と呼びます。

生ビールが飲めるのも、ボジョレーヌーヴォーが解禁された日です。
そのため、解禁日に変わった瞬間に乾杯されるビールでもあります。
これを瓶ビールで購入し、寝かせると味の変化が出ます。

おすすめのビールを書き始めるときりがないので、最後にもう一つだけ。
シメイと同じトラピストビールであるデュベルのトリプルホップ。
これは3種類のホップを使って作るビールです。

これを寝かせることにより、よりホップ香りがするようになり、味もまろやかになります。
見つけたらぜひ買って寝かせましょう。

まずは試してみよう!

ビールを寝かせる、の意味は伝わったでしょうか?
おススメのビールは数多くあるのですが、くどくなるのでやめておきます。
自分に合ったビールを見つけてみてください。

まずは、シメイの青から始めるのが無難ですよ。
トラピストビールについては、また別記事にしたいと思いますので、その時をお楽しみ。

シメイの購入はこちらからどうぞ。


それでは酔い一日を!

コメント

  1. […] […]