ビールが苦いのはなぜ?また、どうしてビールは苦いのにおいしいのか?

ビール,苦い ビール
スポンサーリンク

ビールは好きですか?
初めてビールを飲んだ時は、「こんな苦いものをなぜ好んで飲むのだろう?」と思ったりもしたかもしれません。
しかし、今となっては「ビールの苦さは最高だなぁ!」と思うかもしれません。

かくいう自分は、ゴーヤの苦い味は苦手ですが、ビールの苦さは最高です!
しかし、ビールはなぜ苦い味がするのでしょう?
そして、なぜこのような苦い味が好きになるのでしょう?

これにはそれぞれ理由があります。
今回はビールの苦さについて解説します。

スポンサーリンク

なぜビールは苦いのか?また、どうして苦みがおいしいのか?

ビールの苦みの原因は、原料にあります。
これはビールを作るのに欠かせない原料となります。

また、ビールの苦さがおいしくなるのにも理由があります。
それらを一つずつ見ていきましょう。

ビールの苦みはホップの苦み

ビールの苦みの原因は、原料に使用されているホップにあります。
ホップとはアサ科のつる性の多年草植物です。

ホップはビールに使用するだけでなく、ホップそのものを食べることもできます。
前にホップを家に植えて、収穫して天ぷらで食べたりしました。
ビールを思わせる苦さがおいしかったですが、あまりにも繁殖力が強く、他の植物にどんどん巻き付いてしまい手に負えなくなって、抜いてしまいました
その生命力は強く、なにもしなくても春先になると毎年芽を出していましたものです。

ホップは、ビールの香りやさわやかな苦みを生み出してくれます。
また、ホップが入ることにより殺菌効果もあり、ビールの長期保存を可能にしてくれます。
大航海時代に、ビールが腐るためにホップを大量に使用して作られたビールがIPAという種類のビールなのは有名なエピソード。

ビールの泡の安定化の助けになるのもホップの効果。
ビールの泡は、ホップに含まれるイソフムロンという苦み成分が大麦由来のタンパク質と結合して作られます。
苦みの強いビールの方が泡の持ちが良いそうです。

ホップには不眠改善も認められています。
そして、殺菌効果はビールだけではなく、人間の体にも効果があります。
外部から菌やウイルスが侵入に際しての殺菌効果も認められています。

苦みがおいしい理由は?

ホップの思いが強すぎて、つい長文になってしまいました。
ホップだけで一記事書けるくらいなのですが、今回はこのくらいにして次に行きましょう。

苦くておいしくない、と思っていたビールですが、これが美味いと思える理由について説明していきます。
人が持つ味覚は、大きく分けて5種類になります。
甘味、塩味、うま味、酸味、そして苦味です。

この苦みは、最初からおいしいと感じることはありません。
生まれたての赤ちゃんは、甘味とうま味以外はおいしいと感じられないそうです。
これには理由があります。

お母さんのお腹にいる間、赤ちゃんは羊水に浸されています。
この羊水は甘味と似た味がするそうです。
そして、生まれてから口にする母乳ですが、グルタミン酸を含んでおり、うま味そのものの味です。
この影響から、甘味とうま味しかおいしいと感じないのだそうです。

しかし、成長するにつれていろいろなものを口にするようになります。
その過程で、塩味、酸味、苦みをおいしいと認識していきます。
その中でも、酸味と苦みは克服するのに時間がかかります。

これは本能的に腐ったものや毒物を避ける性質があるためです。
しかし、繰り返し口にすることにより、酸味や苦みをおいしいと感じられるようになります。
さらに、初めて飲んだ時には苦いと感じても、飲んだ後に気分が良くなる作用があり、苦かったという記憶を変化させてしまいます。

このことからも、苦みがおいしいと感じるようになることがわかります。

ストレスによっても味が変わるらしい

苦味とストレスは密接な関係にあります。
ストレスを感じているときは、苦みを感じなくなる仕組みが人にはあります。
ストレスのかかる作業を行った後に、かなり苦いチョコレートを食べるという実験をしたところ、作業後はおいしいと感じるようになったそうです。
これは、唾液にリン脂質という物質が増え、ストレスが苦みをマイルドにしているためです。

また、ホップに含まれているイソフムロンですが、自律神経系のバランスを調節して気分をリラックスさせる効果があります。
苦味をもたらす成分には、ストレス解消に役立つ働きがあります。
ビールを多く飲んでしまうのは、ストレスのせいかもしれません。

そういえば昨日はWIPAを6杯も飲んでしまったのはストレスのせい・・・。
きっとそうに違いない!
なににストレスを感じているのか?
それはビールを飲めないこと?

おすすめの苦いビール

苦いビール好きの方のために、おすすめの苦いビールを紹介しておきます。

ブリュードッグ・パンクIPA

苦いビールでビール好きの人の新定番といえばこのビール、ブリュードッグのパンクIPAです。
これは音楽のジャンルの一つであるパンクがポップを吹き飛ばしたように、現在のイギリスのビール文化を破壊する、という意味が込められています。

その名前の通り、このビールを初めて飲んだ人は衝撃を受けるかもしれません。
このビールは通常の40倍ものホップが使われており、採算度外視で作られているものです。
しかし、苦いだけではなく、フルーツのようなさわやかさも感じられる、バランスよく作られているビールです。

各所ビアバーでも生ビールを飲めることもあるので、その時は逃さず飲んでみてください。

パンクIPA(Amazonリンク)

ストーン・IPA

アメリカでは現在多くのクラフトブリュワリーが設立されていますが、中でも有名なのがストーンです。
そのストーンから出ているIPA早い、ビール愛好家の中でも人気の商品。

しっかりした苦さの中にも、シトラスフレーバーの味が際立つビールです。
決して万人受けするジャンルのビールではありませんが、自分たちが良いと思うものを作り続けているこだわりのブリュワリーから作り出されるビールです。

ストーンIPA(Amazonリンク)

コメント