仮想通貨の確定申告初めての方必見!このツールを使えば大丈夫!

確定申告,仮想通貨,計算 仮想通貨
スポンサーリンク

新年が始まると、そろそろ確定申告の準備でも、という人もいるのではないでしょうか。

仮想通貨は、課税の対象にはならないという意見もありましたが、2017年12月に「課税対象となる」という発表国税庁からありました。

仮想通貨取引での損益計算は非常に複雑で、ハードルが高いものになっています。
しかし、Cryptactが提供しているサービスを使うことにより、ぐっとハードルが低くなります。

仮想通貨の損益計算がどのようなハードルがあるのか、また、Cryptactの提供しているのはどのようなツールなのかをみていきましょう。

スポンサーリンク

仮想通貨の確定申告が煩雑?その理由は?

確定申告,仮想通貨,計算
仮想通貨取引で得た利益は、ほとんどの人は「雑所得」に該当します。
会社に勤めており、他の仕事をメインに生計を立てている人がこれに当たります。

仮想通貨取引で生計を立てている人は「事業所得」となります。
雑所得ですが、所得が多ければ多いほど税率が高くなる累進課税制度が採用されています。

最大で45%が課税対象となり、これに住民税が10%加わることになります。

確定申告に対して仮想通貨の損益計算は、株式のように取引所内で自動で計算はしてくれません。
そのために、自分で損益計算と確定申告を行う必要があります。

しかし、仮想通貨の損益計算には大きな課題があります。

仮想通貨ならではの損益計算の複雑さ

仮想通貨は法定通貨ではありません。
その時々の金額は変動するため、それを正確に押さえる必要があります。

しかし、その時の金額を後から押さえるのは困難です。
また、取引所を複数開設していることが多く、仮想通貨同士での売買も行われます。

ビットコインがその時日本円でいくらだったか、は押さえることができるかもしれません。
しかし、ビットコイン建てのアルトコインを購入。

さらに、そのアルトコインで草コインなどを購入した場合、もはや金額を押さえることは到底不可能ではないか、と思えてくることでしょう。

取引履歴取得の難易度

取引履歴を出力できる機能は多くの取引所で実装されています。
しかし、取引履歴が不足するケースや、ファイル形式が異なる場合が多くあります。

また、同じ仮想通貨を表す名称が、別の名称であったり、タイムゾーンや手数料なども多様です。

手数料も、法定通貨であったり、仮想通貨であったり、取引所固有の仮想通貨であるパターンもあります。

自分で実施するには、大きな壁があるといってもよいでしょう。

仮想通貨は税理士も対応できない?!

仮想通貨は出来てまだ日が浅いものです。
平均年齢が60歳を超える、と言われている税理士業界では、対応できないことも多くあります。

税理士の方に相談しても、うまく答えが返ってこないことも多々あることでしょう。
そのため、どの税理士に相談するのかも利用者にとって難しい問題です。

確定申告が簡単に?Cryptactとは?

株式会社Cryptactとは、前職がゴールドマン・サックスであるメンバーで創業された会社です。

その中でも、代表であるアズムデアミン氏は2017年まで14年間ゴールドマン・サックスに所属しており、株や為替などを扱っていました。

そのため、Cryptactは投資家目線で作られたサービスを提供している、ということで評判を得ているようです。

そのCryptactが提供しているサービスが「TAX@Cryptact」です。

TAX@Cryptactとはどのようなサービスか?

個人の方は現在無料で使用できる、仮想通貨の損益計算サービスです。
国内最大の3万人超のユーザ数であり、対応している仮想通貨は2,600種類以上です。

対応取引所は20社以上であり、取引履歴をアップロードするだけで損益計算が可能です。

計算可能な取引種類ですが、「レバレッジ・証拠金取引を含んだ売買」「商品購入」はもちろんのこと、仮想通貨特有である「エアドロップ」「ハードフォーク」「マイニング」にも対応しています。

また、TAX@Cryptactが対応していない取引所でも、自分でカスタムファイルを作ることで、自動計算が可能となります。

時価参照は1分おきの価格データの平均価格を保持しており、それを参照することができるため、正確な価格で計算を行うことができます。

TAX@Cryptactの使い方を紹介!

確定申告,仮想通貨,計算
このサービスは、取引所のデータをアップロードするだけで、自動的に損益計算を行うことが可能です。

登録は、メールアドレスのみでOKです。
基本的な使い方は、過去の該当の取引データ全てを含むファイルをアップロードするだけです。

自動的に実現損益と保有通貨ごとの含み損益が計算されます。
基本的な作業はこれだけで終了します。

対応をしていない取引所データ、ハードフォーク、エアドロップに関しては手動で入力を行うことで、その結果を反映することができます。

含み損益を実現させたい場合は、portfolio@Cryptactのタブから詳細ページに移動します。
そこに、通貨ごとの含み損益が表示されています。

また、ヘルプページについても充実しております。

各取引所の取引履歴のダウンロード方法や、データ不足に関連した計算ができないデータの解消方法など、様々な要領について掲載しております。

メールでのサポートも行っており、3営業日以内で回答がされるようです。

注意点としては、対応ブラウザがChrome・Safari・FireFoxのみであり、Microsoft Edgeなどには対応していないことです。

そのようなブラウザを使うと、自動計算ができないので注意しましょう。

仮想通貨の確定申告のためにTAX@Cryptactを使ってみよう!

TAX@Cryptactの紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか。
意外と簡単にできるのでは?と思った方も多いと思います。

サービスの利用は、こちらから行うことができます。
Cryptact公式HP

このようなサービスが無料で使用できるのはありがたいですね。
確定申告用だけではなく、今の損益を正確に出して押さえておくのにも使えます。

登録は簡単にできるので、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

コメント